イタリアンスマイルズ

  •  こちらのブログはイタリア在住の映像作家池田剛の撮影する映像とエッセイを掲載しているものです。製作中の映画「GLI ARTIGIANI」の映像を始め、イタリア各地の心温まる映像ビデオポッドキャスティングという形でお届けしています。

    メール希望の方はこちらまで

    about.me

フォト

イケピー作品掲載

  • クレモナのお店のショーウィンドウを撮影
  • 石井高さんのポートレート撮影

他のアカウント

カテゴリー

ブログパーツ

  • ikepをフォローしましょう
無料ブログはココログ

2008年6月23日 (月)

次の街への希望 - Amsterdam 15

 ヴェネツィアにも似た街並か、と思いきや意外とそうでもないのは、街そのものが水没しているような感じだから。海に浮かんだ島と陸に水が入り込んでいるのとでは、少し違う。この国だけでなく地域一帯が昔から水に囲まれたところで、水の量の豊富さと比例して、日照時間の長い北緯の上方の太陽の光が美しく見えている。
 それは確かに日の長さや気候からの影響もあるのだろう。そしてそれは僕も感じることができた。しかしホントに感じたいのは湖水地方など、大量の水と戯れる光の美しさのはず。それは都会の街の中では味わえない、自然が繰り出すハーモニー。それを目指してこの街をあとにした。


2008年6月22日 (日)

nO! - Amsterdam 14

 アムステルダムを去る切符を手に入れ、あともう一息チャレンジ!
 駅をはさんで街と反対側に海が広がっている。そちら側も見てみることにして、勢いで待ち合わせをしている女子に声をかけてみた。カメラを持って近づくと怪訝そうな面持ちで「あっ、こりゃヤバい」と思いつつも、とりあえず口を開いてみた。僕のオランダ語はわからなかったようで、結局断られた。
 この街の自転車の多さには驚かされるが、意外と日本のそれよりも少ないような気がしないでもない。日本の放置自転車もひどかったもんなー。



2008年6月20日 (金)

街並の中に溶け込んで - Amsterdam 13

 通りには戦時中のヒトラーの写真があった。撮影時と同じアングルに位置しているパネルは、背景を見ればここにヒトラーが来ていた事がわかるようになっていた。アンネがいた時代のこの地を想像していた。その頃もこの太陽の光に照らされていたのか、もしくはもっと美しい光だったのか、希望を見せていたのか?

 オランダに来て必ず食べたいと思っていたものがあった。ニシンの塩漬けのハリングと呼ばれるもの。なかなか見つけられなかったのが、露店でパンに挟まれたものがあった。刻んだタマネギやピクルスが一緒になって、食べているとポロポロ落ちてしまうが、生のニシンとの絶妙な味わいがたまらなかった。これは醤油やレモンをつけて食べたら日本人は最高だろう。スシにしたら完璧かも。

 アムステルダムは思ったよりも大きい都市で、僕の好きな水に囲まれた街であり、しかも雲の少ない晴れ上がった空の下で過ごすことができたのは、光の美しさに存分に触れられた。そんな意味のあるときを感じられたのかもしれない。あとはこの国ならではの自然を訪れる事ができれば、美しさの一端くらいは理解できるのかもしれない。



2008年6月19日 (木)

あわわわわ - Amsterdam 12

 橋を渡った向こう側で犬を連れたおばちゃん同士、世間話をしている。犬に目の行った僕は長話を終わったおばちゃんが近づいてきたところをつかまえた。
 おばちゃんは時間がないからという。「何をあんなにムダ話するヒマがあったのに」などと思いつつ、ちょっとだけだからと、引き止めて話した。そんな手間をかけてしまったが故に、肝心の質問事項がブッ飛んでオロオロしてしまった。
 一応やりとりは成立したものの、おばちゃんはホントに急いでいたようで、すぐにも立ち去りたい雰囲気全開だった。それでも答えてくれたおばちゃんにありがとう。


2008年6月18日 (水)

たまご - Amsterdam 11

 通りと運河の境に柵があるわけでもなく、港のように船を寄せられるようになっているため、船上で生活しているリタイアしたオッサンもいれば、店を営んでいる人もいる。水との共生も極めればここまでくるものである。そんな水上生活者にもカメラを向けようとしたが、挨拶はできたものの船に引きこもられてしまった。
 船と交差した橋の上から彼らの生活を必死になってのぞいてみようとしていた。カルガモの親子が河を横切る。ふと目をそらすとゴミためのようなものが。あまり目の良くない僕もなぜか目を凝らしてみて見ると、不思議な光景がそこには展開されていた。卵を温める親鳥の巣がそこにはあった。



2008年6月17日 (火)

おとなりさん - Amsterdam 10

 お母さんがベンチに座り息子がそのまわりを走り回る。そんな微笑ましい姿を見かけた。ありがちな親子の姿だが、だからこそそれが美しく見える。そんな光景をしばらく眺めていた。そしてお母さんに声をかける。
 せっかくオランダ語で声をかけたというのに英語で返される。これも外人に対してはよくあることだが、お母さんの話していることによく耳を傾けていると、ドイツから来て住んでいるのでオランダ語はわからないという。おおこりゃまた自分と同じような境遇の人だ。そんな話をしていると、後方からお父さんがやってきた。お父さんもきっすいのドイツ人だという。ならばと、ちょっと前に覚えたばかりのドイツ語で話をした。
 おおおー。消化不良だったドイツを、まさかこんなところで解消することになるとは。先にドイツに行って言葉を覚えておいてよかった。これもヨーロッパならではの事だと思うと面白い。


2008年6月16日 (月)

オッサン - Amsterdam 9

 街の清掃員らしきオッサンがいた。イタリアでもよく見かけるような制服を着込んでいる。木の葉っぱ、植物をきれいに管理する職員のリーダーのようだった。
 当然ながら何を言っているのかわからないが、外人が何か話しかけてきて、それに興味を示している。いいチャンスなので逆手に取って話してみた。同僚と笑いながら話してくれる。友好的な雰囲気ながらわかっているようでまったくわからない。でも優しげなオッサンには僕が思い描く若者の男とオッサン像がいつのまにかできあがっていたようだった。


2008年6月15日 (日)

河沿い - Amsterdam 8

 運河にかけられた跳ね橋が街の中にあるという。そこへ向かった。
 水面は地面と共生しているかのように隣り合わせで、手すりがない場所も多々あり、そのおかげで停泊している船にもすぐに乗ることができる。水かさが上がれば水浸しになるだろう。そんなヴェネツィアのようなことが起こっているのだろうか。建物もよく見ていれば歪んでいたりするものもあり、沈下しているようにも見える。そんな地域にも人は住み着いているのだから、生きていくすべは身に付いているはず。そこまでして水の美と横並びでいられる、そんな人々をうらやましくも思う。光の差し込んだ街はシンプルであればシンプルであるだけ、居心地よく感じる。


2008年6月13日 (金)

フラワー・マーケット - Amsterdam 7

 昨晩の帰り道、うっそうとした通りに味のある平屋の倉庫のような建物があって気になっていた。朝になってそこの前を通ると、シャッターが開いていてのぞき込むと何かを作っている人が何人か見えた。そのうちの一人が「入っておいで」といわんばかりのジェスチャーをしていたので入ってみた。中はビリヤード台を作る工場だった。彼らは職人さんのようで、何とも奇遇なめぐりあわせ。交渉してみたが「上にいるボスがそういうのあまり好きな人じゃないからだめだよ」平屋なのに上ってどこだ? と思いつつも普通に作業風景も撮ることなく出てきた。

 オランダと言えばチューリップ。花が咲くいい時期に来たのだから、花盛りのマーケットに足を運ぶことにした。それがまた朝一からわんさかと言うわけではなく、僕が行った頃にようやく店が開き始めた様子。期待していたのとは異なり、商売っ気たっぷりの市だった。やっぱり花は自然の産物だから、街の中心にあるところよりも地方に行ってきれいな空気の中のきれいな花と光と水に囲まれるのが流れなんだろう。そんなことをあたりまえのように認識させられてしまった。



2008年6月12日 (木)

Szmulewicz - Amsterdam 6

 夜も更けて、と言ってもまだまだ明るい夜、あたりを見回しても食べられるのはイタリアン、インドネシアン、アメリカンばかり。土地のまともなものを食べられるところはなく、オープンバーがところどころにたくさんある。ぐるぐる回って見つけたのが、それでもやっぱり飲み屋のようなところ。
 食事も結局はつまみのようなものだったが、やっぱりビールがうまかった。キノコとチーズにハチミツとナッツのかかったものが出てきた。イタリアでも食べたことあるような感じ。なんともいえない食感で満足感は得られないものの食べ尽くした。この国ではあまり食事に期待する必要もなかろう。とはいえ、これでオランダの食事を判断できるものではないし、お店の雰囲気自体は良かった。めぐりあわせなんでしょうね。


 というわけで今回の採点は、30点!

●Osterzwammen met geitenkaas, honing en tijm uit de oven
 (Oystermushrooms with goatcheese, honey and thyme from the oven) - 13.90ユーロ
●"Borrel tapa's" gemarineerde oliven, geroolte amandelen en geconfijte kastanjechampign
 (Spanish Tapa's - marinated olives, smoked almonds and preserved mushrooms) - 4.90ユーロ
●Brand pils 25cl tap - 2.40ユーロ




Szmulewicz
Bakkersstraat 12
1017 CW Amsterdam
020.620.2822

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ANCONA/アンコーナ ARONA/アローナ BERGAMO/ベルガモ BOLOGNA/ボローニャ BRESCIA/ブレーシャ CINQUE TERRE/チンクエ・テッレ COMO/コモ CREMA/クレーマ CREMONA/クレモナ CRESPI D'ADDA/クレスピ・ダッダ FIRENZE/フィレンツェ GARDA/ガルダ GENOVA/ジェノバ LECCO/レッコ MANTOVA/マントバ MILANO/ミラノ MODENA/モデナ MONZA/モンツァ MORTARA/モルターラ NOVARA/ノヴァラ OROPA/オローパ PARMA/パルマ PAVIA/パヴィア PIACENZA/ピアチェンツァ PISA/ピサ RAVENNA/ラヴェンナ RIMINI/リミニ SAN GIMIGNANO/サン・ジミニャーノ SIENA/シエナ STRESA/ストレーザ TORINO/トリノ TREVIGLIO/トレヴィリオ TRIESTE/トリエステ VARESE/ヴァレーゼ VENEZIA/ヴェネツィア VERONA/ヴェローナ VICENZA/ヴィチェンツァ VIGEVANO/ヴィジェーバノ VOGHERA/ヴォゲーラ CHIACCHIERE/井戸端 Giappone/Fukuoka Giappone/Himeji Giappone/Kamaishi Giappone/Osaka Giappone/Tokyo Giappone/Tono Giappone/Yamaguchi w/ee/Bulgaria w/ee/Croacia/Dubrovnik w/ee/Croacia/Split w/ee/Croacia/Zagreb w/ee/Polonia/Brzezinka w/ee/Polonia/Kraków w/ee/Polonia/Oświęcim w/ee/Romania w/ee/Slovakia w/ee/Slovenia w/ee/Turchia/BOGAZKALE w/ee/Turchia/ISTANBUL w/ee/Turchia/KAPPADOKIA w/ee/Turchia/KONYA w/ee/Turchia/SAFURANBOLU w/ne/Norvegia/Oslo w/ne/Norvegia/Stavanger w/ne/Svezia/Göteborg w/ne/Svezia/Stoccolma w/ne/Svezia/Öland w/we/Belgio/Antwerp w/we/Belgio/Brugge w/we/Belgio/Brussels w/we/Francia/Colmar w/we/Francia/Honfleur w/we/Francia/Mont Saint-Michel w/we/Francia/Paris w/we/Francia/Reims w/we/Francia/Strasbourg w/we/Germania/Düsseldorf w/we/Olanda/Amsterdam w/we/Olanda/Rotterdam w/we/San Marino アウシュビッツ強制収容所 アート シネマエクスプレス レストラン 撮影・インタビュー 旅・表現 映画プロデュース 映画作品 職人