イタリアンスマイルズ

  •  こちらのブログはイタリア在住の映像作家池田剛の撮影する映像とエッセイを掲載しているものです。製作中の映画「GLI ARTIGIANI」の映像を始め、イタリア各地の心温まる映像ビデオポッドキャスティングという形でお届けしています。

    メール希望の方はこちらまで

    about.me

フォト

イケピー作品掲載

  • クレモナのお店のショーウィンドウを撮影
  • 石井高さんのポートレート撮影

他のアカウント

カテゴリー

ブログパーツ

  • ikepをフォローしましょう
無料ブログはココログ

2010年2月 4日 (木)

ADRIANA - Split 10

 ここはボッタグリまがいでちょっと幻滅。。

 手長エビのパスタのはずが、ただの冷凍小エビのパスタが出てきた。シーフードモノにチーズなど要らないから、いらないと言ったのに勝手に加算していた等々。。。最低。。。。


 というわけで今回の採点は、-30点!

●Spaghetti con scanpi - €10.00

HOTEL ADRIANA
Obala Hrvatskog Narodnog Preporoda, 8
(Riva) 21000 Split CROATIA
+385.21.340.000(TEL)


インチキオヤジ

2010年2月 3日 (水)

さわやか~ - Split 9

 スーパーから出てくると女の子がニッコリ微笑みかけてくる。

 ??? なんかのキャンペーン ???

 あまりの愛想のよさと、その可愛らしさにやられて迷わず声をかけた。サッと用件だけを済ませると、ナンパする間もなく連れの女の子が連れ去ってしまった。

 友達なのか姉妹なのか。妙に印象に残るさわやかさだった。


2010年2月 2日 (火)

キョート - Split 8

 通りを歩いていると突然意味のわからない言葉をかけてくるオヤジに遭遇。よ~く聞いていると日本語? かぶれのような語り。やたらと「キョート」と言ってくる。

 とにかく日本が好きなようで、とにかく話がしたいようだった。なのでとにかくカメラを向けてみた。

 僕の話すクロアチア語はやっぱり通じないようだが、彼の語る日本語も少し難しかった。


2010年2月 1日 (月)

漁師か? - Split 7

 このマーケットにいたオッサンに声かけた。

 こっちの言っていることが少しも伝わらず、今回は多難を極めそうな感を醸し出していた。優しそうなオッサンだけに、まともに話せなくとも何となくこちらの意図していることはできた、、ように思える。


2010年1月31日 (日)

フィッシュマーケット - Split 6

 クロアチアというと僕の中では街中のマーケット のイメージが強い。

 人のよく集まる場所で、人々の活気が交差するところ。想いが飛び交っているような、熱を帯びたものを感じる。闘いではなく笑顔の集い。

 ここは海沿いの街だけに置いてある魚介類は新鮮そのもの。見ただけでそのままでも食べたくもなる。


続きを読む "フィッシュマーケット - Split 6" »

2010年1月29日 (金)

記憶の色彩 - Split 5

 いわゆる城壁内を散策した。

 生活感のあふれる場所と、きれいに飾られた場所、来客向けのような場所。美と雑が対照的に混在している。各々に特徴を感じさせながら、静かに共生している。

 何百年もあるといわれるこの建造物。その単位を聞けば歴史を感じずにはいられないが、イタリアのそれを思うとイタリアのすごさも感じる。

 白い壁の石にへばりつく、模様のような黒。そこにフォーカスを当てるだけでも何かを想うことができる。その向こう側にいた人々の記憶。。

 ここではそのすごさに、ただただ舌鼓を打っていよう。


続きを読む "記憶の色彩 - Split 5" »

2010年1月28日 (木)

位置感覚 - Split 4

 おそらくまだ街の外れだろうと中心に行こうと思っていると、ズバリそこが中心地だった。

 かなりサビれた城壁がその象徴だったのに、全く気づくことなく見回していた。地図を見れば相当に小さな街のよう。

 夏はかなりのリゾート客で埋まるんだろう。まったくの曇り空で、そんなことすら感じさせない。


続きを読む "位置感覚 - Split 4" »

2010年1月27日 (水)

ツールを入手 - Split 3

 マーケットの先を行くと、たまたま通りがかった街のインフォメーション。お兄ちゃんが流暢な英語で「遅くなってスマン、、」と。

 まだ静かで閑散とした街だったこともあって、兄さんにミニクロアチア語講座をお願いした。

 どことなしにチェコやスロバキアの言葉に似ているところもあったが、とにかく発音までしっかりと教えてもらえなかった。しかしそれなりに携えた武器は、この先の僕の旅には大切なツールとなる。


続きを読む "ツールを入手 - Split 3" »

2010年1月26日 (火)

マーケット - Split 2

 街に着いてまずは中心へと向かう。間もなく出てくるのはマーケット。朝も早くからたくさんの人が集っていて、活気づいている。

 パッと見、映えるような風景でもなく、殺伐としたようなものも感じるが、言葉がわからないこともありイタリアのそれとは多少感じるものも異なる。

 人々の気持ちがどこを向いているのか。人々の発する声が、自分に突き刺さってきているのか、頭の上を通り過ぎてどこか別のところへ飛んでいるのか。確実にわかるのは目線があたっていないこと。

 空もまだ薄明かりの中、野菜や果物の色使いが異様なくらい目に入ってくる。それらはキャンバスに描かれた作品群か。


続きを読む "マーケット - Split 2" »

2010年1月25日 (月)

海の向こう - Split 1

 まだ薄暗い夜明け。着いたのは海を隔てた国クロアチア。僕も知っている内紛のあったところで、自身数年前にも訪れている。

 海の懐かしい感じと、これから始まる一日とが織り交ざり、まだ見知らぬ人々との出会いにも期待する。自分の中の複雑な感情を、海の青さと街の明かりに投影する。

 船の中ではほとんどがイタリア語。でもなんとなくイタリアっぽさとは微妙にずれる無骨っぽさがある。激しい当たりにも動じないようなもの。逆に言えば自分も負けられないような、、でもしなやかでもありたい。。



その他のカテゴリー

ANCONA/アンコーナ ARONA/アローナ BERGAMO/ベルガモ BOLOGNA/ボローニャ BRESCIA/ブレーシャ CINQUE TERRE/チンクエ・テッレ COMO/コモ CREMA/クレーマ CREMONA/クレモナ CRESPI D'ADDA/クレスピ・ダッダ FIRENZE/フィレンツェ GARDA/ガルダ GENOVA/ジェノバ LECCO/レッコ MANTOVA/マントバ MILANO/ミラノ MODENA/モデナ MONZA/モンツァ MORTARA/モルターラ NOVARA/ノヴァラ OROPA/オローパ PARMA/パルマ PAVIA/パヴィア PIACENZA/ピアチェンツァ PISA/ピサ RAVENNA/ラヴェンナ RIMINI/リミニ SAN GIMIGNANO/サン・ジミニャーノ SIENA/シエナ STRESA/ストレーザ TORINO/トリノ TREVIGLIO/トレヴィリオ TRIESTE/トリエステ VARESE/ヴァレーゼ VENEZIA/ヴェネツィア VERONA/ヴェローナ VICENZA/ヴィチェンツァ VIGEVANO/ヴィジェーバノ VOGHERA/ヴォゲーラ CHIACCHIERE/井戸端 Giappone/Fukuoka Giappone/Himeji Giappone/Kamaishi Giappone/Osaka Giappone/Tokyo Giappone/Tono Giappone/Yamaguchi w/ee/Bulgaria w/ee/Croacia/Dubrovnik w/ee/Croacia/Split w/ee/Croacia/Zagreb w/ee/Polonia/Brzezinka w/ee/Polonia/Kraków w/ee/Polonia/Oświęcim w/ee/Romania w/ee/Slovakia w/ee/Slovenia w/ee/Turchia/BOGAZKALE w/ee/Turchia/ISTANBUL w/ee/Turchia/KAPPADOKIA w/ee/Turchia/KONYA w/ee/Turchia/SAFURANBOLU w/ne/Norvegia/Oslo w/ne/Norvegia/Stavanger w/ne/Svezia/Göteborg w/ne/Svezia/Stoccolma w/ne/Svezia/Öland w/we/Belgio/Antwerp w/we/Belgio/Brugge w/we/Belgio/Brussels w/we/Francia/Colmar w/we/Francia/Honfleur w/we/Francia/Mont Saint-Michel w/we/Francia/Paris w/we/Francia/Reims w/we/Francia/Strasbourg w/we/Germania/Düsseldorf w/we/Olanda/Amsterdam w/we/Olanda/Rotterdam w/we/San Marino アウシュビッツ強制収容所 アート シネマエクスプレス レストラン 撮影・インタビュー 旅・表現 映画プロデュース 映画作品 職人