イタリアンスマイルズ

  •  こちらのブログはイタリア在住の映像作家池田剛の撮影する映像とエッセイを掲載しているものです。製作中の映画「GLI ARTIGIANI」の映像を始め、イタリア各地の心温まる映像ビデオポッドキャスティングという形でお届けしています。

    メール希望の方はこちらまで

    about.me

フォト

イケピー作品掲載

  • クレモナのお店のショーウィンドウを撮影
  • 石井高さんのポートレート撮影

他のアカウント

カテゴリー

ブログパーツ

  • ikepをフォローしましょう
無料ブログはココログ

2010年2月19日 (金)

好みのおっさん - Dubrovnik 13

 被写体としていかにも僕が好みそうなおっさん登場。すれ違いざま迷うことなくとっさに声をかけた。

 やっぱり僕のクロアチア語。通じているのかいないのか、よくわからず、それでもなんだか答えてくれた。逆にわからないと言われたのかもしれないが、答えてくれたものとして突っ走った。でも違和感なく話してくれて写真も撮らせてくれた。

 んー、なんだかわからないけれども、やっぱり優しい。


2010年2月18日 (木)

もう一つの港 - Dubrovnik 12

 この街は独特の形をしている。街の中心の港と、船の入稿する港とでは距離を置いて逆になっているようだった。言ってみればこっちは新市街か?

 街の中心でもちょっとだけマーケットが出ていたが、こっちのマーケットのほうが広くて盛んだった。が、この時間になって来ると、やはりもうほとんど軒をたたんでいて、人も閑散としていた。

 海沿いを歩いていると近郊を回る観光クルーズ用の船が並んでいる。装飾も遊園地の乗り物のようで、おもちゃのようだ。

 歩いていくうち、やがて夕景に変わりゆく。静かなたたずまい、飲み込まれていくようだ。



2010年2月17日 (水)

日没前までに - Dubrovnik 11

 食べた後に激しく暴れて、息を整えても落ち着きを取り戻すにはまだまだ時間がかかりそう。

 冬時間だから日の落ちるのも早い。ある程度は街の様子も堪能したことだし、ここを後にしてもう一つの港へ向かった。


続きを読む "日没前までに - Dubrovnik 11" »

2010年2月16日 (火)

ミニサッカー - Dubrovnik 10

 それでもせっかくだから子供はいないか、探していた。しばらく歩いていると高いトーンの奇声が聞こえる。もちろんその方向へ向かってみる。

 おおお、いたっ!!

 サッカーして遊んでいた。ここはミニ国際交流。ボールがこぼれてきたのをいいことに割り込んで行った。

 すると彼らは 1vs2 でやろうと言い出した。以前これより小さいミニサッカーで足を痛めた覚えがあるだけに、きついのは覚悟していたが、僕もそうやすやすとは引き下がれない。カメラを持ってリュックを背負ったまま始めた。

 子供相手に負けるわけにもいかず、とりあえずは先制した。やがて片方の子が、リュックを下ろせと言葉も伝わらない相手に必死にアピール。この辺の真摯さは気分がよかった。

 そのうちこっちの体力も激しく消耗し、逆転されたところで「終わろう」と負けのままやめた。

 靴ひもも外れていたのを知っていながらプレーしていると、男の子は地べたに座って靴ひもをほどく仕草をして僕に伝えようとする。何とかモノを伝えようとする姿勢は、現代の日本人としては学ぶべきものがある。

 誰だか知らない外人相手に無邪気に遊んで、なんだか言い知れぬものを感じさせてくれた子供たちには感謝したい。撮影はほとんどできなかったが、この国ゆえ親から禁じられているようだった。日本との違いを認識させられる時間だった。



2010年2月15日 (月)

壁塗り職人 - Dubrovnik 9

 もう少し人気のある街のほうに戻ってきた。

 被写体もなるべくバラエティに富ませたいものだから、さっき僕に声をかけてきた子供がいないか探してみた。するとすぐに出現。しかし子供をつかまえるのも困難。

 その子供たちにとっつかまっていた壁塗り職人を眺めていると、逆に職人のほうから僕に興味を示してきた。なんだかやっぱり話してみると素朴な感じがする。観光地とはいえ片田舎で細々と暮らしている人なのか。英語も決して流暢ではなく、僕の話すクロアチア語もよく伝わらない。

 でもなんだか優しかった。天気のような清々しさがそこには感じられた。


2010年2月14日 (日)

素朴さのある景色 - Dubrovnik 8

 港へやってきた。誰かいないかと探しに来てみたが、見事にガラッガラ。

 あいかわらず風は強く空気は冷たい。だからこそ息を吸い込めば気持ちがよくなる。そしてきれいな景色に波の音のBGM。

 犬を連れて歩く地元の人。声をかければ気軽に応じるが、カメラを向けると「NO」そんな素朴さがいいのかもしれない。


続きを読む "素朴さのある景色 - Dubrovnik 8" »

2010年2月12日 (金)

クリスマスマーケット - Dubrovnik 7

 クリスマスシーズンなだけに、クリスマスマーケットのようなチャリティのような催しが行われていた。

 中心の時計台横の教会のようなスペース。そういえば街の中でも子供が自作の手作りの何かを売っていた。


2010年2月11日 (木)

KAMENICE - Dubrovnik 6

 とにかく海の街だから魚介でいきたい、ときたらここはムール貝。ここで必ず食べたかった。

 やっぱりパスタは本場で、、というのも忘れがち。イタリア以外のパスタなんて期待できないなんてこと、百も承知の僕は、やっぱりまったく懲りずにムール貝のパスタを食べることにした。ここは街の中心の広場にある、オバちゃんだけで切り盛りしている食堂のような店。オバちゃんは親切だった。

 店が店だけに不味くも美味くもなく、貝はてんこ盛り。それなりに食べられた。パスタはチギレチギレでイタリア人は怒るかもだった。


 というわけで今回の採点は、70点!

●Spageti s musulama (Spaghetti al cozze) - 55kn

KAMENICE
gunduliceva poljana, 8
vl. niko bore

2010年2月10日 (水)

街の上から - Dubrovnik 5

 街を丸ごと取り囲む城壁の上を歩いていた。

 やはり上から街を一望してみると、なんかのアニメのような雰囲気がする。飛んでくる鳥の群れも、まるでホウキが飛んでくるかのような錯覚にも陥る。光がちょうど差してきて影になる感じも、建物のコントラストが引き立つようでとても画になる。別に夏場でなくとも、こんなオフシーズンでも充分に楽しめる美しさに酔いしれていた。

続きを読む "街の上から - Dubrovnik 5" »

2010年2月 9日 (火)

セル画 - Dubrovnik 4

 嘘のように晴れ上がった空は、まるで自分を歓迎してくれているかのよう。

 海沿い立つ城壁はもろに海風を受け、僕のメガネも吹き飛ばしそうなくらいの強さ。人気もなくひっそりとしているが、城壁の中にはまさに今ここに住んでいる人たちの生活感であふれている。普通に洗濯物を干していたのだ。

 空からの光とそれを受ける白い城壁。潮が崩していく壁のもろさ。その横にいる人々の息づかい。画になるものはアニメに変わるだけではない。


続きを読む "セル画 - Dubrovnik 4" »

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ANCONA/アンコーナ | ARONA/アローナ | BERGAMO/ベルガモ | BOLOGNA/ボローニャ | BRESCIA/ブレーシャ | CINQUE TERRE/チンクエ・テッレ | COMO/コモ | CREMA/クレーマ | CREMONA/クレモナ | CRESPI D'ADDA/クレスピ・ダッダ | FIRENZE/フィレンツェ | GARDA/ガルダ | GENOVA/ジェノバ | LECCO/レッコ | MANTOVA/マントバ | MILANO/ミラノ | MODENA/モデナ | MONZA/モンツァ | MORTARA/モルターラ | NOVARA/ノヴァラ | OROPA/オローパ | PARMA/パルマ | PAVIA/パヴィア | PIACENZA/ピアチェンツァ | PISA/ピサ | RAVENNA/ラヴェンナ | RIMINI/リミニ | SAN GIMIGNANO/サン・ジミニャーノ | SIENA/シエナ | STRESA/ストレーザ | TORINO/トリノ | TREVIGLIO/トレヴィリオ | TRIESTE/トリエステ | VARESE/ヴァレーゼ | VENEZIA/ヴェネツィア | VERONA/ヴェローナ | VICENZA/ヴィチェンツァ | VIGEVANO/ヴィジェーバノ | VOGHERA/ヴォゲーラ | CHIACCHIERE/井戸端 | Giappone/Fukuoka | Giappone/Himeji | Giappone/Kamaishi | Giappone/Osaka | Giappone/Tokyo | Giappone/Tono | Giappone/Yamaguchi | w/ee/Bulgaria | w/ee/Croacia/Dubrovnik | w/ee/Croacia/Split | w/ee/Croacia/Zagreb | w/ee/Polonia/Brzezinka | w/ee/Polonia/Kraków | w/ee/Polonia/Oświęcim | w/ee/Romania | w/ee/Slovakia | w/ee/Slovenia | w/ee/Turchia/BOGAZKALE | w/ee/Turchia/ISTANBUL | w/ee/Turchia/KAPPADOKIA | w/ee/Turchia/KONYA | w/ee/Turchia/SAFURANBOLU | w/ne/Norvegia/Oslo | w/ne/Norvegia/Stavanger | w/ne/Svezia/Göteborg | w/ne/Svezia/Stoccolma | w/ne/Svezia/Öland | w/we/Belgio/Antwerp | w/we/Belgio/Brugge | w/we/Belgio/Brussels | w/we/Francia/Colmar | w/we/Francia/Honfleur | w/we/Francia/Mont Saint-Michel | w/we/Francia/Paris | w/we/Francia/Reims | w/we/Francia/Strasbourg | w/we/Germania/Düsseldorf | w/we/Olanda/Amsterdam | w/we/Olanda/Rotterdam | w/we/San Marino | アウシュビッツ強制収容所 | アート | シネマエクスプレス | レストラン | 撮影・インタビュー | 旅・表現 | 映画プロデュース | 映画作品 | 職人