イタリアンスマイルズ

  •  こちらのブログはイタリア在住の映像作家池田剛の撮影する映像とエッセイを掲載しているものです。製作中の映画「GLI ARTIGIANI」の映像を始め、イタリア各地の心温まる映像ビデオポッドキャスティングという形でお届けしています。

    メール希望の方はこちらまで

    about.me

フォト

イケピー作品掲載

  • クレモナのお店のショーウィンドウを撮影
  • 石井高さんのポートレート撮影

他のアカウント

カテゴリー

ブログパーツ

  • ikepをフォローしましょう
無料ブログはココログ

2009年8月 7日 (金)

もりもり - Bergamo 7


2009年8月 6日 (木)

ぐわぁぁぁ! - Bergamo 6


2009年8月 5日 (水)

いかが? - Bergamo 5


2009年8月 4日 (火)

Le Cornelle - Bergamo 4

 もうずいぶん前に上野に行ったきりだろうか。ベルガモの郊外にある動物園に行ってみた。車で来ている家族連れがほとんど。ゆっくりと生き物の生態でも観察できればという想いも、イタリア人が辺りにたくさんいればそんな想いもたちどころにかき消されてしまうわけで、、、
 そんな激しい生き物を前にしても彼らは静かに呼吸をしているわけで。そんな健気さに更に感慨に耽ってしまう。こんな生き方をしたらどんな感じなのだろう? 想いというのはどうよぎっていくのか?


Le Cornelle


2009年8月 3日 (月)

RUNNERS BERGAMO - Bergamo 3

 ベルガモの駅前に行くと人々が群がっていて盛り上がっていた。なんと24時間耐久マラソンの世界大会。そんなのがここベルガモで行われているのに加え、まさか日本の旗まであった。そして日本代表選手団まで出場していた!! 日本人としては間違いなく日本チームを応援することにした。


RUNNERS BERGAMO
日本ウルトラランナーズ協会

2006年2月15日 (水)

温かい感覚の構築 - Bergamo 2

 僕の最近の傾向。午前中はそうでもないが午後にもなると時計を見なくなる。腹時計ではないが、自分の感覚で大体何時だろうというのを感じる。いまのこの時代であれば時間を感じるにはいろんな要素でわかる。おなかのスキ具合はもちろん、外の明るさ、人通り、自分がしていることの進み具合等々。
 日本にいた頃に見た映画で、全編ブルー基調の映画があった。サスペンス仕立てだったものの、なんだか落ち着く仕上げだった。この日のベルガモもけっしていい天候とはいえなかったが、何度写真を撮っても色身が青になっていた。人の話す言葉も音楽のようで、理解するよりすっと心の中に響いてくるような感覚。
 人々の言葉は優しい言葉。坂ではあるものの、こう配がきつくはない。天候はよくないものの、雨にはならない憂鬱感が心を駆り立てている。いろんな要素が心地よく響いてくるからこそ、ここにいることの意味がポジティブにとらえられるのだろう。

 映画も似たようなところがある。人に心地よさを感じてもらいたいのであれば、細かい心地よさの感覚をストーリーの中に並べていけばいいのである。例えばその一つがこの「ベルガモという街」であれば、と思ったこともある。



高貴な街 - Bergamo 1

 しばらくぶりにミラノから30分くらいの街ベルガモに来た。ベルガモには「チッタアルタ (丘の上の街)」と呼ばれる街の中心より高い位置にある城壁の街がある。いってみればドラゴンクエストのような感じか? ケーブルカーで街の上方へ向かう。ここは小さいながらも独特の雰囲気を醸し出していて、静かな中に息づく人々のリズムが美しく感じられる。シエナやヴォルテッラのように坂とレンガが特徴的だ。
 日本に比べればミラノなんて田舎町に思えるが、ミラノの喧噪を考えるとこのチッタアルタは芸術を生み出しやすそうな空間で心癒される。そんな気にさせられる。
 クレモナのリュータイオの話を聞くとよく思わされる。クレモナには弦楽器製作の情報はあふれんばかりにあるけれども、それ以外、必要以上の情報はあまりない。不要な情報がない分、自分のことにひたすら集中できる環境。自分自身と相対していられるということは、自分を追求できるということ。情報は人を混乱させ、ときには本意ではない方向へと追いやる。
 イタリアにいて、ここベルガモのような僕にとって高貴さを感じることのできる場所が多いのは、人々の感じているものが日本とは異なるからであろう。情報ではなく体当たりで人と人とが交差しぶつかりあう。それこそがお互いが理解しあえる要因。人間の原風景とでもいうべき姿のような気がする。いい意味でも悪い意味でもこの国の人たちは関わりあおうとする。



その他のカテゴリー

ANCONA/アンコーナ | ARONA/アローナ | BERGAMO/ベルガモ | BOLOGNA/ボローニャ | BRESCIA/ブレーシャ | CINQUE TERRE/チンクエ・テッレ | COMO/コモ | CREMA/クレーマ | CREMONA/クレモナ | CRESPI D'ADDA/クレスピ・ダッダ | FIRENZE/フィレンツェ | GARDA/ガルダ | GENOVA/ジェノバ | LECCO/レッコ | MANTOVA/マントバ | MILANO/ミラノ | MODENA/モデナ | MONZA/モンツァ | MORTARA/モルターラ | NOVARA/ノヴァラ | OROPA/オローパ | PARMA/パルマ | PAVIA/パヴィア | PIACENZA/ピアチェンツァ | PISA/ピサ | RAVENNA/ラヴェンナ | RIMINI/リミニ | SAN GIMIGNANO/サン・ジミニャーノ | SIENA/シエナ | STRESA/ストレーザ | TORINO/トリノ | TREVIGLIO/トレヴィリオ | TRIESTE/トリエステ | VARESE/ヴァレーゼ | VENEZIA/ヴェネツィア | VERONA/ヴェローナ | VICENZA/ヴィチェンツァ | VIGEVANO/ヴィジェーバノ | VOGHERA/ヴォゲーラ | CHIACCHIERE/井戸端 | Giappone/Fukuoka | Giappone/Himeji | Giappone/Kamaishi | Giappone/Osaka | Giappone/Tokyo | Giappone/Tono | Giappone/Yamaguchi | w/ee/Bulgaria | w/ee/Croacia/Dubrovnik | w/ee/Croacia/Split | w/ee/Croacia/Zagreb | w/ee/Polonia/Brzezinka | w/ee/Polonia/Kraków | w/ee/Polonia/Oświęcim | w/ee/Romania | w/ee/Slovakia | w/ee/Slovenia | w/ee/Turchia/BOGAZKALE | w/ee/Turchia/ISTANBUL | w/ee/Turchia/KAPPADOKIA | w/ee/Turchia/KONYA | w/ee/Turchia/SAFURANBOLU | w/ne/Norvegia/Oslo | w/ne/Norvegia/Stavanger | w/ne/Svezia/Göteborg | w/ne/Svezia/Stoccolma | w/ne/Svezia/Öland | w/we/Belgio/Antwerp | w/we/Belgio/Brugge | w/we/Belgio/Brussels | w/we/Francia/Colmar | w/we/Francia/Honfleur | w/we/Francia/Mont Saint-Michel | w/we/Francia/Paris | w/we/Francia/Reims | w/we/Francia/Strasbourg | w/we/Germania/Düsseldorf | w/we/Olanda/Amsterdam | w/we/Olanda/Rotterdam | w/we/San Marino | アウシュビッツ強制収容所 | アート | シネマエクスプレス | レストラン | 撮影・インタビュー | 旅・表現 | 映画プロデュース | 映画作品 | 職人