イタリアンスマイルズ

  •  こちらのブログはイタリア在住の映像作家池田剛の撮影する映像とエッセイを掲載しているものです。製作中の映画「GLI ARTIGIANI」の映像を始め、イタリア各地の心温まる映像ビデオポッドキャスティングという形でお届けしています。

    メール希望の方はこちらまで

    about.me

フォト

イケピー作品掲載

  • クレモナのお店のショーウィンドウを撮影
  • 石井高さんのポートレート撮影

他のアカウント

カテゴリー

ブログパーツ

  • ikepをフォローしましょう
無料ブログはココログ

2006年8月11日 (金)

同じ人間の幸せの基準 - Zagreb 8

 帰りの列車の中、イタリアのインターシティにありがちなコンパートメントタイプの6人がけのボックス席だった。クロアチアかスロベニアかわからないが、品のある年配の女性とルーマニアの女性が座っていた。あとから僕の正面にイタリア人男性が座った。ザグレブからリュブリャナなので国境でコントロールが入る。日本人はまだ信頼度が高く、まともな扱いをされる方だが、まれにムカつく職員もいる。僕はいつも不安になるが問題になった事はない。
 ユーロ圏の人はフリーパスのようなものでもあるかのように、書類を見せてあっさりとOK。僕もパスポートと顔をしげしげと見られたもののパス。かわいそうなのはルーマニア人。何を言っていたかはまったくわからないが、激しいやり取りがしばらく続いた。パスポートはコンパクトタイプの顕微鏡のようなものでじっくり見られている。日にかざしてみたり、相当な用心ぶりだった。
 確かにルーマニアからはイタリアにも不法入国して出稼ぎに来ているのもいる。民主化したとしても共産政権時より経済はインフレが続き、失業率は高い。そこへきて不当に出国しようものなら取り押さえられてしかるべきである。ただ一般の人々がそこまでして不自由を強いられる事に憤りを覚えるものだ。日本にいればこんな現実に出会う事などない。自由があたりまえ。何をしてもいい。何をしても誰も何も言わない。誰も関与しない。それとはまったく反対の社会。生きる事に必死になる人々。彼らもまた僕ら日本人と同じ人間である。でも扱かわれ方が異なる。
 生きやすい事はいい事なのだろうか? 幸せな事なのだろうか?


2006年8月10日 (木)

運もすれ違いも味方につけろ - Zagreb 7

 通りを見渡してみてもまばら。地元の人ではない人たち。レンズを向けられるような人を見かけることはない。再び公園に戻ることにして、絶対的な数の多いところから狙いを定めてみる。通りすがりの人は地元の人らしき感じはあり、静かな雰囲気がマッチしている。マーチングバンドが演奏を始めたところからは距離を置くことにした。が、その近くに画を書いている男性がいた。彼には行ってみたかったが、音のことを考えるといくことは不可能だった。
 時間的にも遅くなってきて、場所を移し駅近くまで来た。あたりにいるのはカップルや家族連れが多い。ベンチに座り人を眺める。同じくベンチに座るのは恋人同士。一人で座る人もいたが、すぐに去ってしまう。通りすがりの人も眺めてみるがチャンスは見当たらない。難しくなってきた。かなり妥協しない限り撮る事は不可能だろう。
 しばらくすると公園の真ん中の小さな池に、3人組があらわれた。3人とも女の子なのかよくわからないほどボーイッシュに見えた。池を中心にして写真を撮っているようだった。学校の課題でやっているのか? それとも観光できてはしゃいでいるだけなのか? やっている事は学生のようだったが、近寄って顔を見る限り異国の人間の様に見えた。いまいち踏み込む事ができなかった。
 帰りの列車の時刻も迫ってきているのに答えが出せそうで出せない。一本後発の列車に変えようかとも考えた。とりあえずトイレに行こうと思いマクドナルドのある地下街へと向かった。驚いたのはエスカレーターがあり、きれいな地下街がのびていること。日本と比べればお粗末だろうが、イタリアでもフィレンツェくらいでしか見た事がない。こんなところで適当な人も見つかるはずもなく、再び公園に戻る。
 一人の人がいた。と次の瞬間、待ち合わせの相手を見つけたようだった。そしてきっとこれ以上は僕には運は向いてこないだろう、と帰ることを決めた。


2006年8月 9日 (水)

暴発する強さ - Zagreb 6

 わずかな時間の滞在中に僕が感じたのは、クロアチアの人からは気の強さのようなものを感じられた。それは気性の激しさというより、穏やかさの中に見られる信の強さというべきものだろうか? ステレオなことしか書けないが彼らは紛争の中を生き抜いた人々である。日本人などにはない生き抜くための賢さがあるのだろう。自分が生きのびるためには人を出し抜いていく。それは経済的な生易しいものではない。無実の罪を着せられても生きなくてはならない。アウシュビッツとまではいかないかもしれないが、精神的に絶望、孤独のふちにいても「在る」ことを強制されているようなもの。日本人向けには「ショーシャンク」と言えばいいのか? そんなドラマのような作り上げられたメンタルなどでもない。それは僕にもどうやってもはかりしれないもののはず。
 そんなこんなを想像してた。立ち止まって考えていても始まらない。結果を出して自分を納得させねばならない。中心を外れてさっきも行ったモニュメントのようなところへもう一度行ってみる。でもやはり人気はなく、撮る素材すら見当たらない。と、ふと振り返ると学校の入り口のような敷地内に女性が三人座って話しをしていたのを思い出した。戻ってみると三人はまだいた。行ってもいいだろうか? ちょっと躊躇する気持ちが僕の中にあった。とびこまなくてはならないのは経験上よくわかっていること。単純にそうできないのは、僕も人間だから。
 気分転換に他を見回してから戻ってみることにする。そして戻ってみれば彼女らの姿はない。こういうもんである。だからこそ人生後悔のないように、その瞬間瞬間を爆発して生きないといけない。そう、芸術は爆発なのである。


2006年8月 8日 (火)

まだあともう少し!! - Zagreb 5

 インタビュー撮りが一応成功はしたものの、できることならもう少し撮っておきたかった。バラエティに富ませるという意味合いもあるけれど、カタリーナだけでは僕にとっては足りなかった。いままで歩いた通りを何度となく歩き返してみることにした。
 街の中心に戻ると、祭りのように盛り上がっていた。宣伝カーの屋根の上にお揃いのTシャツを来た女の子たちが立っていて、民衆に何かを渡している。特設ステージ上ではバンドのライブが行われ、聞いたことのある曲も演奏されていた。それにあわせて女の子たちも人々もノリノリで踊っていた。ZUCCHEROの曲も流れていて、イタリアの強さはここにも現れていることを実感した。
 人々の姿を見ることはできても、撮影は無理である。そんな喧騒をよそに僕は少し外れた場所に出てきた。僕の肩からさげている荷物は機材がつまっている。いつものことながら、ビデオカメラをはじめ、デジカメ、iPod、DS,バッテリー、レンズ、電源など、とにかく重量がかかるものを背負い込んで歩き回っている。となるととてつもない体力が必要になり、疲労は相当なものになる。きれいでシャレた風景の中に見つけたベンチに腰掛け、小休止をとり、人々のリズムや笑顔を眺める。



2006年6月 3日 (土)

KATARINA - Zagreb 4

 古ぼけた建物の横を通る。行き違う人に笑みが浮かぶ。僕は危うく犬に噛み付かれそうになる。激しくののしるかのように吠える。飼い主はそれ以上に恐ろしい顔つきで犬にたたみかける。振り返って気にかけながらも先を見つめる。
 人々の行き交う公園横の通り道。ベンチに座って様子をうかがうことにした。人の顔、会話、空気、動き。いままで見たことのないものから、よく見てきたもの、いろいろを見ていく中で、この国に生きる人々のリズムを探る。アジア系のひょろりん男を見て、学生世代の若者たちが抱く興味。それはまた各国によって様々な反応があり、それに対しビビることもあるヒョロリンもやしがいる。
 ところで三浦カズがここザグレブにいたのは何年前だろう? 僕は決してこの国が経済的に貧しいとは思えなかった。もちろん僕の感じていることなど、この国の1%にも満たないことだろうが、それにしてもかなりの人々はイタリアよりもいい生活をしているようにも見えた。カズが受けていたインタビューでは「この国はやはり貧しい」と言っていた覚えがある。カズがザグレブに呼ばれたのもジャパンマネー目的だったんだろうが・・。実際のところここの現代社会は果たしてどうなんだろうか?
 じっとしていても何も始まらない。気分転換に移動した。歩き疲れていたので、すぐにまたベンチに腰掛けた。誰かが後ろから近寄ってくる気配がする。女の子が声をかけてきた。若いボーイッシュな感じの子。アンケートをとらせてくれという。ここで僕のアンテナに触れた。ある考えのもとに、黙ってアンケートに答えた。
 アンケートは5分で終わると言われながらも、結構なボリュームがあった。用紙にチェックする形式で、ザグレブに誰と来たか、目的は、泊まりは等、観光についての質問だった。これは僕にとってはどうでもよかった。さっさと終わらせて回答用紙を渡し「ありがとう」と場を立ち去ろうとする彼女を引き止めた。
 名前はカタリーナ。クロアチア人。願いは求めればやってくるものである。質問に対しての応えより、日常的な会話を交わす中から出てくる何気ない言葉が印象に残るものである。もっとカメラを回せばよかったのに、話に集中して彼女の生きた言葉を得ることはできなかった。しかもとっさに手にしたカメラの絞りは甘く、画的に満足できるものではなかった。それでも最低ラインを超えることはできた。


素通りしていく風景 - Zagreb 3

 カテドラルを始めとした街の見所がいくつか表示されている、駅でもらった見づらい地図を確認する。いくつかのポイントを絞り、道を戻って街の中心に向かう。この街はトラムがたくさん走っている。ミラノのように3種類だけではなく何種類もあり、車両も一つ一つ分かれている。変わっていて面白かった。
 土曜日だけに中心を外れると閑散としている。これでは人と出会うのは困難である。逆に言えばこういった中で出会える人こそ面白いはず。それはここで生活している人であり、この土地を知る人からの声が聞けるからだ。最近の僕は素材欲しさのためだけにヤミクモに人に声をかけることをしていない。
 とにかく僕は目的のモニュメントへ向かう。通りには日本のスズキ、三菱など車の企業の名前入りの店があり、サッカーのイラストも出ていた。ワールドカップで当たる両国。一体どういう想いでいるのだろうか? 目的地へと着くと人気はなく、ローラースケートで遊んでいる二人だけ。グルリと回ったところで何が変わるわけでもなく、中にすら入れない。八方ふさがりの様相を呈してきた。一体この街には何があるんだろうか? 下調べの甘さが露呈しつつある。
 仕方なくもう一度中心に戻り、そこからまた別のポイントまで向かう。人ゴミの中、目立って見えるのは特徴ある白と赤のクロアチアのフラッグ。ファッションにも似たデザインがはびこっているのはセンスの良さなのか? 人々の独立の象徴なのか? そこに誇りがあるのだろうか? 己の自由を守るための顕示物なのだろうか?
 塔のような高い建物があるはずの場所へと歩みを進める。すると違う建物が目に入ってきた。これは博物館か何かだろう。どこか写真で見た覚えがあった。僕が見ていた地図には記載されていなかった。何と商業色の強い地図なんだろうか? 記載されていた塔は塔ではなく、ただの近代的なビルだったようである。この辺は都心の大通りという感じで、人と出会うポイントではなかった。雲行きも怪しく小粒の雨が舞い降りてくる中、街の中心の公園方面へと向かった。



スタミナ肉 - Zagreb 2

 僕の中の何となしのイメージで、ザグレブではガッツリボリュームのある肉を食べようと思っていた。にぎわっているようなところより、少しさびれているような方がよかった。時間的にもまだ少し早かった。
 オープンテラスがある店に入る。階段を下りた半地下でオッサンが二人たたずんでいた。イタリア人なら普通にテーブルに案内するのに、わざわざ「食べたいんだけど」と英語で言う。まったく通じないので手を口に何度か当てて、食べるジェスチャーをした。そしてようやくテラスの奥の席を案内してくれた。骨太そうな体格のいい男。強さを感じる。
 さすがにメニューには英語も書かれていた。パスタやピザもあったが、とにかくここは肉。そしてポテト付き。旅の中盤でスタミナを付けて、grande lavoro を果たさなくては! サラダも勧められ、とにかく食べまくることにした。
 ここは地元の人が集まる店のようだった。あとから出勤してきたカメリエレが親しそうに客と話していた。隣りに座った客は不明な言語を話していたが、オーダーするときには英語と商品の写真を使ってコミュニケートしていた。店の構造がわかりづらく、オーダーを奥に通しているから厨房が奥にあるかと思えば、目の前から突然肉を持ってきた。
 ガツガツ食べた。塩コショウなどいらない。とにかくウマかった。一緒についてきたパンがナンのように柔らかく、これだけで食べてもイケる。ただの肉とポテト、パン、サラダ。何の変哲もないが、ウマくて腹がふくれた。それだけで満足した。


店のある通りの名前 Tkalciceva
中心から行って通りの左側


Croacia - Zagreb 1

 国境越えも問題なくクロアチアに入り、ザグレブには間もなく着く。夕べの夜以上に旧社会主義の象徴のようなものを目にした。窓のないビルの大きな壁にプロパガンダのような何かの模様。当時を描いた映画に出てきそうだが、これこそ幻想などではなく現実なのだ。
 イタリアと同じ構造のザグレブ駅に着く。まずはインフォメーションで街の地図をもらうが、宣伝色が強くものすごく見にくかった。そして両替。さすがにこの国ではユーロは使えない。しかも半日の滞在。支払いに足が出ないように計算する。
 ここはヨーロッパにありがちな街の作り。駅の正面をまっすぐに歩けば中心地にたどり着く。正面には大きな公園とモニュメント。まっすぐ伸びる道をひたすら歩く。僕は当然この街でも「最低一人にはインタビューする」ことをノルマにかかげていた。大きな木と花が植えられている道をゆっくり歩きながら、この街の人や空気やリズムを噛みしめていた。通り沿いには日本大使館も見え、ワールドカップで対戦する国の人間にどのような反応を示すか? もわずかに気になっていた。
 ザグレブにも何の情報も持たずに来ていた。一体何があるのかさっぱりわからない。中心地に着くと人でごった返していて渋谷にでも来たかのようだった。土曜ということもあり、街の中心にはくさるほど人が集っていて、探す人には困らない。インフォメーションポイントがあったものの、近くに大きな教会のようなものが見えたので、地図など見ることもなくとりあえず向かった。
 僕は初めて行く街では必ずその街のピンバッヂとポストカードを買うことにしている。教会への道中、いくつか店に立ち寄ったが、日本語が聞こえてきた。
 教会の前には観光バスが大挙していた。さすがにここで日本人は見かけなかった。教会はカテドラルというようで、中に人はたくさんいなかった。ここはとりあえず来るべき場所だが、心を落ち着ける場所であって、撮影のための場所ではない。撮りたいと思える人など皆無。それよりも街の構造を把握して自分を動きやすくさせることにした。僕にとってはとにかく「撮る」ことが必要だった。
 先に行くとマーケットがあった。野菜や果物、チーズなど食品がメイン。ここも人出はスゴい。商品のある台の向こう側にいる人たちは、ここで生きている人々。販売しているものを見ながら、店の人の目も見ながらカメラを回していた。
 やがて商店街のようなところに着いた。どちらかというとバールやレストランが多い通り。建物の色に特徴がある。高さは低い。もう昼も近く、カップルや家族連れでにぎわっていた。僕も腹ごしらえをするなら、この辺ですませようと思った。通りの先にはシネコンが見える。「ダ・ヴィンチ・コード」が公開され、人々はみな建物へと入っていく。その真横に見える味のある一軒家にレンズを向けた。



その他のカテゴリー

ANCONA/アンコーナ | ARONA/アローナ | BERGAMO/ベルガモ | BOLOGNA/ボローニャ | BRESCIA/ブレーシャ | CINQUE TERRE/チンクエ・テッレ | COMO/コモ | CREMA/クレーマ | CREMONA/クレモナ | CRESPI D'ADDA/クレスピ・ダッダ | FIRENZE/フィレンツェ | GARDA/ガルダ | GENOVA/ジェノバ | LECCO/レッコ | MANTOVA/マントバ | MILANO/ミラノ | MODENA/モデナ | MONZA/モンツァ | MORTARA/モルターラ | NOVARA/ノヴァラ | OROPA/オローパ | PARMA/パルマ | PAVIA/パヴィア | PIACENZA/ピアチェンツァ | PISA/ピサ | RAVENNA/ラヴェンナ | RIMINI/リミニ | SAN GIMIGNANO/サン・ジミニャーノ | SIENA/シエナ | STRESA/ストレーザ | TORINO/トリノ | TREVIGLIO/トレヴィリオ | TRIESTE/トリエステ | VARESE/ヴァレーゼ | VENEZIA/ヴェネツィア | VERONA/ヴェローナ | VICENZA/ヴィチェンツァ | VIGEVANO/ヴィジェーバノ | VOGHERA/ヴォゲーラ | CHIACCHIERE/井戸端 | Giappone/Fukuoka | Giappone/Himeji | Giappone/Kamaishi | Giappone/Osaka | Giappone/Tokyo | Giappone/Tono | Giappone/Yamaguchi | w/ee/Bulgaria | w/ee/Croacia/Dubrovnik | w/ee/Croacia/Split | w/ee/Croacia/Zagreb | w/ee/Polonia/Brzezinka | w/ee/Polonia/Kraków | w/ee/Polonia/Oświęcim | w/ee/Romania | w/ee/Slovakia | w/ee/Slovenia | w/ee/Turchia/BOGAZKALE | w/ee/Turchia/ISTANBUL | w/ee/Turchia/KAPPADOKIA | w/ee/Turchia/KONYA | w/ee/Turchia/SAFURANBOLU | w/ne/Norvegia/Oslo | w/ne/Norvegia/Stavanger | w/ne/Svezia/Göteborg | w/ne/Svezia/Stoccolma | w/ne/Svezia/Öland | w/we/Belgio/Antwerp | w/we/Belgio/Brugge | w/we/Belgio/Brussels | w/we/Francia/Colmar | w/we/Francia/Honfleur | w/we/Francia/Mont Saint-Michel | w/we/Francia/Paris | w/we/Francia/Reims | w/we/Francia/Strasbourg | w/we/Germania/Düsseldorf | w/we/Olanda/Amsterdam | w/we/Olanda/Rotterdam | w/we/San Marino | アウシュビッツ強制収容所 | アート | シネマエクスプレス | レストラン | 撮影・インタビュー | 旅・表現 | 映画プロデュース | 映画作品 | 職人