イタリアンスマイルズ

  •  こちらのブログはイタリア在住の映像作家池田剛の撮影する映像とエッセイを掲載しているものです。製作中の映画「GLI ARTIGIANI」の映像を始め、イタリア各地の心温まる映像ビデオポッドキャスティングという形でお届けしています。

    メール希望の方はこちらまで

    about.me

フォト

イケピー作品掲載

  • クレモナのお店のショーウィンドウを撮影
  • 石井高さんのポートレート撮影

他のアカウント

カテゴリー

ブログパーツ

  • ikepをフォローしましょう
無料ブログはココログ

2012年2月 5日 (日)

SPORT MOVIES&TV

 ちょっとした映像祭がありました。

 以前からチェックは入れていたのですが、
 今回初めて足を踏み込んでみると、
 世界各国で開催している模様。

 オリンピックやサッカーワールドカップなどの映像、
 ドキュメンタリーなどが流れていた。

 公的な施設で、
 奥まったようなところだったので、
 中心地の人ごみながら、
 建物はガラガラ。
 逆に落ち着いて映像を見られる。

 地下にはバスケットとサッカー関係の映画ポスターコーナー。
 そしてミニサッカーゴールゲームコーナーがあって、
 リタイアした感じのオッサンが仕切っていた。

 オッサンは穏やかで優しく、
 ゴールを外した僕にもとりあえず拍手をしてくれた。

 そして参加賞のDVD。
 ボクシングのドキュメンタリーのようで、
 ミラノ県からのプレゼント。


続きを読む "SPORT MOVIES&TV" »

2012年2月 1日 (水)

国立映画博物館 - Torino 8

 オリンピックがあったのが6年前。

 それ以来でトリノに来てみた。

 もちろん見どころは映画博物館で、
 とんでもなく大きな博物館は見て回るのにとにかく時間がかかる。

 ほとんど変わる事もない内部の展示ではあるものの、
 それでも収容量はハンパないので、
 何度来ても楽しめる。

 トリノはイタリアの中でも歴史のあるところながら、
 住んでいる人でもおざなりにしてしまうところです。

 イタリア映画の発祥ともいわれるようなところで、
 支援も盛んなだけに映画製作者はもちろん、
 映画ファンにもとても興味が持てるところ。

 映画だけでなく、
 サッカーでも食事でも楽しめるので、
 イタリアに来たらパスしないで立ち寄る事をお勧めします。


続きを読む "国立映画博物館 - Torino 8" »

2010年1月17日 (日)

Le NOTE degli OSCAR - Busto Arsizio 2

 ミラノから小一時間の小さな街。友人のコンサートがあったので行ってみた。歌い手の彼女の歌声はどうしても聴いてみたかったが、とうとう念願叶う。

 流れる曲は誰もが知るようなイタリア映画のサウンドトラック。イタリア映画と言えば、心に淡く余韻の残る映画が多く、そういった切なく懐かしいナンバーが期待を外すことなく選ばれていた。

 そこまでなら普通だが、その彼女のソプラノに合わせて舞台の上方にスクリーンを出し、映画のスライドやちょっとしたシーンを映し出したり。

「うわ~、イタリアっていいなぁ」

 だなんて、、
 日常のイタリアから解放されるとこんな気分になるのも当然か?
 いや、むしろこのスクリーンの向こう側のイタリアに憧れてきたんだもの、当然だよ。

 彼女の声にも音楽にも癒され、光の向こう側の世界にも希望を持ち、とても素晴らしい時を過ごせた。


Le note degli Oscar, omaggio al cinema italiano

La dolce vita
Otto e mezzo
Il Padrino
Amarcordo
Nuovo cinema Paradiso
Il Postino
La vita e bella

Nino Rota
Ennio Morricone
etc..

2008年2月 4日 (月)

Ben tornato!! KAWA

 そのコッパイタリアのインテル戦に招待して下さったのが、女子サッカーなでしこリーグ TASAKI ペルーレコーチの河村優さん。なんやかんやとイタリアでの交流が始まって以来、つきあいが続いている仲。そんな彼がイタリアに戻ってくるという。日本サッカー協会のS級ライセンス取得のための研修をオーガナイズしているという。その研修をしに来られたのが昌子力さん。
 まったく畑違いの世界の人々とはいえ、目指すものがあるもの同士、何か通じるものはあるもの。サッカーの見方はボクの想像を超えた情報力と分析力だけれども、もっといろいろ話せたら面白かっただろう。研修を終えてきてどんな表情で戻られるか楽しみでもある。



神戸のサッカー
http://www.kobe-fa.gr.jp/
昌子 力
http://www.kobe-fa.gr.jp/column/syouji_main.html
河村 優
http://www.kobe-fa.gr.jp/column/kawamura_main.html
TASAKI ペルーレ
http://www.tasaki.co.jp/what/perule1.html

2008年2月 3日 (日)

インテル - ユベントス

 久々のサッカー観戦。コッパイタリア準々決勝インテルvsユベントスのイタリアダービー。サッカーは全くの素人のボクとはいえ、やはりインテルに肩入れするのは当然だし、その方が面白い。
 前半いきなりレッドーカードで退場。そんな不利な状況でも前半0-0で折り返す。どうみても押されていたインテルだが、クルスが2点も決めた。これで余裕で勝てる。なんて油断したのが運のツキ。デルピエロとブームソンがゴールして、あっという間に同点、引き分け。なのに負けたかのように沈んだスタンド。ホームで引き分けは痛い。第2戦が気になるところ。
 だが後日のアウェイ戦でしっかり勝ったインテル。今期の3冠へまっしぐら。


2008年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いします
皆さんに夢と笑顔があふれることを祈っています

2006年12月25日 (月)

BUON NATALE!

 街を歩いていて、ふと目にした光景が教会に吸い込まれていく人々の群れ。入り口には流れ星のイルミネーション。しばらくイスラム圏にいた僕はクリスマス気分ではないものの飛び込んでみた。
 親子連れの多い夕方。かわいい笑顔に平安の降り注ぐ世界への希望。お互いを想う気持ち。ミサの間に知らないとなり同士が握手を交わす瞬間、温度を与えあう。
 クリスマスは人に何かをプレゼントしたくなる。そんな心を忘れないようにするため神様が弱い人間にくれた最良のプレゼントの日。大切なのはそんな心。プライドは捨ててフトコロに飛び込め。そして

メリークリスマス!!

「ナターレ」

2006年3月 5日 (日)

カルネバーレ 2

 コリアンドーロと呼ばれる色のついた紙吹雪を投げあったり、仮装してスプレーを吹き付けあったりしている人たちと一緒に、人の流れにのって眺めていた。地下鉄の排気口から吹き付ける風でコリアンドーロが絶え間なく舞い、まるでパレードてもやっている映画のワンシーンのようだった。大人も子供も関係なくじゃれあい楽しそうにしているのが微笑ましかった。


カルネバーレ 1

 今年のカーニバルもこの日が最終日。ミラノの中心も大いに盛り上がる。子供たちはみな仮装して奇抜なファッションに身を包んでいた。道ゆく人同士が突然スプレーをかけあったり、服は白まみれ。汚くなったじいさんばあさんもすました顔して腕組み歩きゆく。何でもありの混沌とした宇宙。カラフルな街の中に飲み込まれていく僕。狂喜乱舞。。



2006年2月27日 (月)

ナヴィリオ運河アンティーク市

 ミラノでは毎月最終日曜日にナヴィリオ運河沿いでアンティーク市が行われている。僕もここにはときどき足を運ぶが、カーニバル開催中の週末だったので仮装した子供があちこちにいた。大人になっても子供心をいつまでも忘れない親が、かわいがる子供と無邪気に遊ぶ姿がいとおしい。
 子供を愛する親。そして無条件の愛を受け入れる子。愛という名のプレゼントは言葉にはならない、ましてやお金などでははかれない、自ら手に入れるものでもなく与えられるもの。端から様子をうかがっていてもプラスの感情になれるものこそ本当の愛の表現だ。愛するという言語にくくりはない。
 ・・・ここまで書くか?


Naviglio Grande


その他のカテゴリー

ANCONA/アンコーナ | ARONA/アローナ | BERGAMO/ベルガモ | BOLOGNA/ボローニャ | BRESCIA/ブレーシャ | CINQUE TERRE/チンクエ・テッレ | COMO/コモ | CREMA/クレーマ | CREMONA/クレモナ | CRESPI D'ADDA/クレスピ・ダッダ | FIRENZE/フィレンツェ | GARDA/ガルダ | GENOVA/ジェノバ | LECCO/レッコ | MANTOVA/マントバ | MILANO/ミラノ | MODENA/モデナ | MONZA/モンツァ | MORTARA/モルターラ | NOVARA/ノヴァラ | OROPA/オローパ | PARMA/パルマ | PAVIA/パヴィア | PIACENZA/ピアチェンツァ | PISA/ピサ | RAVENNA/ラヴェンナ | RIMINI/リミニ | SAN GIMIGNANO/サン・ジミニャーノ | SIENA/シエナ | STRESA/ストレーザ | TORINO/トリノ | TREVIGLIO/トレヴィリオ | TRIESTE/トリエステ | VARESE/ヴァレーゼ | VENEZIA/ヴェネツィア | VERONA/ヴェローナ | VICENZA/ヴィチェンツァ | VIGEVANO/ヴィジェーバノ | VOGHERA/ヴォゲーラ | CHIACCHIERE/井戸端 | Giappone/Fukuoka | Giappone/Himeji | Giappone/Kamaishi | Giappone/Osaka | Giappone/Tokyo | Giappone/Tono | Giappone/Yamaguchi | w/ee/Bulgaria | w/ee/Croacia/Dubrovnik | w/ee/Croacia/Split | w/ee/Croacia/Zagreb | w/ee/Polonia/Brzezinka | w/ee/Polonia/Kraków | w/ee/Polonia/Oświęcim | w/ee/Romania | w/ee/Slovakia | w/ee/Slovenia | w/ee/Turchia/BOGAZKALE | w/ee/Turchia/ISTANBUL | w/ee/Turchia/KAPPADOKIA | w/ee/Turchia/KONYA | w/ee/Turchia/SAFURANBOLU | w/ne/Norvegia/Oslo | w/ne/Norvegia/Stavanger | w/ne/Svezia/Göteborg | w/ne/Svezia/Stoccolma | w/ne/Svezia/Öland | w/we/Belgio/Antwerp | w/we/Belgio/Brugge | w/we/Belgio/Brussels | w/we/Francia/Colmar | w/we/Francia/Honfleur | w/we/Francia/Mont Saint-Michel | w/we/Francia/Paris | w/we/Francia/Reims | w/we/Francia/Strasbourg | w/we/Germania/Düsseldorf | w/we/Olanda/Amsterdam | w/we/Olanda/Rotterdam | w/we/San Marino | アウシュビッツ強制収容所 | アート | シネマエクスプレス | レストラン | 撮影・インタビュー | 旅・表現 | 映画プロデュース | 映画作品 | 職人