イタリアンスマイルズ

  •  こちらのブログはイタリア在住の映像作家池田剛の撮影する映像とエッセイを掲載しているものです。製作中の映画「GLI ARTIGIANI」の映像を始め、イタリア各地の心温まる映像ビデオポッドキャスティングという形でお届けしています。

    メール希望の方はこちらまで

    about.me

フォト

イケピー作品掲載

  • クレモナのお店のショーウィンドウを撮影
  • 石井高さんのポートレート撮影

他のアカウント

カテゴリー

ブログパーツ

  • ikepをフォローしましょう
無料ブログはココログ

« 出発の朝 | トップページ | かっぱ寿司 »

2011年9月 2日 (金)

釜石市内

 改めて釜石の市内にやって来た。

 今回は一人で実際の状況を自分の目でゆっくり見るために時間を十分取った。


 ここはまだ復興のために人が多く来るところのようで、

 箱崎よりも瓦礫の撤去は進んでいた。

 だからこそ目立ったのは、

 それでも人の手の行き届かないところがたくさんあったということ。


 建物の解体を希望するところでも、

 そのまま残っているだけ。

 商店街はかなりきれいではあるが、

 商売再開とはまた別問題のようで活気はない。


 わずかながら目にする事の出来る地元の方らしき人も、

 静かに通り過ぎていく。

 言葉を選んで声をかけるものの、

 僕もカメラを回すのには躊躇してしまった。


 ホントの意味で世の人々の気持ちがここに宿っているかと言えば、

 そうでもないようなことは、

 被災都市の中心地でも残骸だらけなのを目にすればすぐにわかる。


 果たしていまはどのくらいまでに元に戻っているのだろうか。


 坂を登った。

 右には無事残った家があり、

 左下には崩れ去った家がある。

 その少し上の避難所にも足を運んだ。


 人々は疲れているようだったが、

 それでも謙虚に前を向こうとしていた。


 避難所閉鎖なんて報道を見るにつけ、

 彼らはどこに行くのだろうかと、

 気になるばかりである。




















































« 出発の朝 | トップページ | かっぱ寿司 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 出発の朝 | トップページ | かっぱ寿司 »