イタリアンスマイルズ

  •  こちらのブログはイタリア在住の映像作家池田剛の撮影する映像とエッセイを掲載しているものです。製作中の映画「GLI ARTIGIANI」の映像を始め、イタリア各地の心温まる映像ビデオポッドキャスティングという形でお届けしています。

    メール希望の方はこちらまで

    about.me

フォト

イケピー作品掲載

  • クレモナのお店のショーウィンドウを撮影
  • 石井高さんのポートレート撮影

他のアカウント

カテゴリー

ブログパーツ

  • ikepをフォローしましょう
無料ブログはココログ

« PREMIATA | トップページ | 今月の映画!! (3月) »

2010年3月 2日 (火)

Calaluna

 毎年シーズンオフにやってくるサッカー指導者の河村さん。今年は3週間を超えるハードなスケジュールを組んだという。イタリア各地の施設や要人を訪ねたようで、素人の僕にもわかるような面々との写真も撮っていた。

 そんな中、2年前にS級ライセンス取得のための研修でイタリアに来られていたときにもお会いした、河村さんの師匠、昌子力監督とお食事する機会をいただいた。前回はあまりお話しする時間もなかったが、今回は少し時間をいただけた。

「厨房が忙しいからバラバラでなく同じメニューで注文しろ」

 とのウェイターの無礼な逆注文にも、かなりのポジティブ解釈で冷静に対処して、レストランを紹介した僕のプライドを傷つけないように気を使ってくださった。それなりにステータスのある人なのに、なんて柔軟なんだろう。。

 イタリアのレストランで混み合っていることは、それは味に間違いのないこと。悔しいけどおいしかった。

 昌子さんからもいろいろとお話を聞かせてくださったが、一つ一つが面白かった。学内での話、苦労が絶えないように思うが、それも経験がすべてを呑み込んでしまっているかのような感じ。

 学内の座右の銘まで飛び出したが、話しているうちに昌子さんがボソッと一言、裏座右の銘は「理不尽に耐える」

 僕もいまより若い頃は不条理に憤って突っ張っていたけれども、社会を少し経験するとよくしみ出てくる言葉でした。いまはまだ学生の気持ちもわかるような気もする自分には、若いとわからないかも、だなんて思ったり。でもその教育の仕方も面白い。

 やっぱり先生の話は面白いのかな。。昌子さんと出会えてよかったです。聞いた話は僕の「力」になります。昌子先生、河村さんありがとうございます。


昌子力
姫路獨協大学サッカー部


 というわけで今回の採点は、60点 (+昌子さんのフォロー分20点) !

●Risotto Calaluna - €10.00

Calaluna
Viale Piave, 38
02.2940.1982(TEL)
Chiuso Lunedi


« PREMIATA | トップページ | 今月の映画!! (3月) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« PREMIATA | トップページ | 今月の映画!! (3月) »