イタリアンスマイルズ

  •  こちらのブログはイタリア在住の映像作家池田剛の撮影する映像とエッセイを掲載しているものです。製作中の映画「GLI ARTIGIANI」の映像を始め、イタリア各地の心温まる映像ビデオポッドキャスティングという形でお届けしています。

    メール希望の方はこちらまで

    about.me

フォト

イケピー作品掲載

  • クレモナのお店のショーウィンドウを撮影
  • 石井高さんのポートレート撮影

他のアカウント

カテゴリー

ブログパーツ

  • ikepをフォローしましょう
無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

ネーデルランド - Anversa 5

 ここアントワープも低地地方の一つであるだけに、貿易など港の行き交いが盛んのようである。一目散に港へと向かうが、天気がよくないので見晴らしのよい景色がのぞめない。街並はとてもシンプルで裏路地へ入ればとても静かだ。建物の作りはオランダと同様で急勾配の屋根が並んでいる。
 港には公園があり、引退した老人がベンチに座っている。横には城のような建物があり、海洋博物館があり、貨物運搬用の巨大な船が地上で見られる。

 晴れていればどれだけ美しい景色が現れていただろう。オランダとは自然の作りが根本的に変わらないだろうから、霧がかった空気を吸い込みながらも、その感触を覚えようとしていた。



2008年6月29日 (日)

ライオンとクツ - Anversa 4

 もう一度、大きくて近代的な駅を見に戻ってきた。朝早くだったのでまだ開いてなかったが、この街の有名なダイヤの店が乱立していた。そしてその先を行くと広くて大きくてきれいな構内が登場。日本ではあたりまえというか、それ以上なんだろうけど普段が普段だけに驚き。
 ホームへ下る階段の上の両脇にシンメトリィな配置で三越のライオンみたいなのが二匹いた。よくのぞきんでみると何やらくわえている。酔っぱらいの置いていったものなのか、はたまたあえてアートにするため持ってきたものなのか、クツをくわえさせられていた。



2008年6月28日 (土)

今月の映画!! (6月)

(6/28)公開の見たい映画

水の中のつぼみ

http://www.tsubomi-movie.jp/


 性に揺れる思春期の少女たちの姿を淡いエロティシズムと瑞々しいタッチで綴ったガールズ・ムービー。監督はこれがデビューの女性監督セリーヌ・シアマ。親友の同級生アンヌを応援するためシンクロナイズド・スイミングの競技会場へとやって来た15歳の少女マリー。彼女はそこで、上級生の演技に目を奪われ、ひときわ華やかなチームのキャプテン、フロリアーヌの美しさに心奪われてしまう。彼女に近づきたい一心で、シンクロ・クラブに入部するマリー。やがて彼女は、フロリアーヌが周囲から男性関係が盛んだと噂されて孤立していることを知るのだが…。
 2008年6月28日(土) より、渋谷Q-AXシネマにてロードショー

続きを読む "今月の映画!! (6月)" »

2008年6月27日 (金)

めざめ - Anversa 3

 この旅でこの街に訪れるとは想像もしていなかった。とはいえ日本からはたくさんの観光客が来ているという。宿の窓から眺める街並は典型的なヨーロッパの作り。天気には恵まれないものの、静けさの中で動いている人々はいる。それはなんだかそのままこの街を象徴しているようにも思えた。


2008年6月26日 (木)

IDee - Anversa 2

 強行軍で突破してきたこの日のスケジュール。大いに疲れが出てしまったのでゆっくりとしたい。ところでビールといえば何百種類も生産されているというベルギー。アムステルダムで飲んださっぱりビールもうまかったけど、この国のものはもっとうまいのではないかと夕食に期待を込めていた。街の中心ではなく宿の近くの飲み屋が集まる広場へと向かった。
 日中から続いたよくない天気。夜になっても小雨が降る中、イタリアンを出す店とバールがひしめきあっていた。時間も遅かったので、厨房は閉めてしまい飲みだけというところもあったが、僕は最初に気になった雰囲気の良さそうなところへと入った。
 メニューはすべてオランダ語。何を書いているかさっぱりわからなかった。店の人が口頭で英語で説明するという。なんだかイタリア人のような怪しげな気もしたが、いたって優しい女性。親切に対応してくれた。人間味の溢れる感じで、近所の子供が泣いて駆け込んできても、優しくお菓子をあげていた。親が引き取りにきても優しく接していたのが印象的だった。

 さて注文したのはアントワープ産のビール。疲れた体には最高にうまかった。そしてまるで日本の中華で食べるモヤシ炒めのようなもの。アジアンなテイスト満載のメニューが多かった店で、主人が多国籍料理好きのようだった。サイドメニューでポテトを注文したが「このメニューならライスを注文するのがスタンダードよ」とすすめられたがポテトを食べたかったのでポテトにした。しかしライスにしろと言った意味が、モノが出てきてからわかった。モヤシ炒めにはご飯だよなー。
 でも意外にうまかった外人の作る日本食。この店は店内の装飾にもだいぶ凝っていて、アンティークなものが壁にいろいろと飾っていた。メニューにも店の人が撮ったらしい、クセのあるものも出ていてよかった。会計のときも一昔前のコレクションのような缶のケースにレシートが入ってきた。東京の下北沢にありそうな感じ。やっぱりこういう味のある店は、ちょっと外れにあるものだと改めて感じた。小さくて居心地のいい店。一人一人のお客への気配りもOK。ここはオススメ。


 というわけで今回の採点は、120点!

●Pittige wok met verse marktgroentjes en scampi's - 16.50ユーロ
●bolleke De koninck - 1.90ユーロ




IDee
Dageraadplaats 20
2018 Antwerpen
03.293.7796

2008年6月25日 (水)

国を越えて - Anversa 1

 かなり精神的に強力なダメージを受けつつ、前を急ぐ。次なる街はベルギーはアントワープ。ここへ来るとは思ってもいなかったが、ロッテルダムからは電車ですぐだった。
 駅に着くと地方の駅にしては壮大な作りで、何層にもわかれてきれいだった。と思わされたものの外へ出てみれば街は閑散としていて静か。取り壊された建物があったり開いている店もなく、雨の降る中歩いていると、寂しさが漂ってくる。ここにはどんなものがあるんだろうか。


2008年6月24日 (火)

Kinderdijk 事件 - Rotterdam 1

 そしてたどり着いたのはロッテルダムの中心から離れた駅。ここから世界遺産の「キンデルダイク=エルスハウトの風車網」へと向かうバスが出ているという。ここにはいわゆるオランダの風車があり、風車がひたすら並んでいるだけだという。そして貿易の港町ならではの海や川の交差した場所で、水面に映る風車が浮かび上がっている。「オランダの光」でも目にした理想的なところだ。
 駅員のいない、コインしか使えない券売機しかないガランとした駅。行きのバスを運転手に確認しにいく。どう見てもここから世界遺産に行くなどとは到底思えない雰囲気。駅前には学校があり、多くが自転車で下校していて、それ以外の人はまったく目にしない。晴れ上がっていた空がいつのまにか悲しげになっていた。1時間待ったあげく、来たバスの運転手に再び聞くと、キンデルダイク行きはストライキだと。

 街の中心の駅に行き、インフォメーションで別のキンデルダイク行きを探す。受付の人はバスがストライキだというのは知っていた模様。行くなら残り少ない可能性にかけて船で行くしかない。時間も遅くなってきていたので、行けたとしても帰りの足がなくなってしまいそうな塩梅。そこから船着き場までは結構な距離。トラムで行くのが無難だが小走りで行った。がやはり間に合わなかった。
 遅れて出港した船が予定より遅れて進む。こういうときは得てしてこんなもの。ダメを承知でとりあえず同じ陸地の停泊地まで乗ってみる。そこからタクシーでも拾えればいいものの、その気配がなければ郊外の住宅地のような光景が広がり、気持ちは萎えていく。。自然や動物にすら出会うことができなかった。風車のための旅と行っても過言ではないのに。。

 いままでの旅なら、こういう状況のときこそ何とかうまくいっていたが、今回ばかりはダメな様子。帰りの船の上ではキンデルダイク方面を眺め、一瞬だけ風車を見かけることができた。しかしあの晴れ上がった光のコラボレーションは、雨の降り始めたこのときでは、たとえ行けたとして、出会える事はなかっただろう。船上から見える貿易船や船の格納庫、コンテナを見つつ、日本との関係が決して希薄ではないオランダという国と自分の国の歴史について思いめぐらせていた。



2008年6月23日 (月)

次の街への希望 - Amsterdam 15

 ヴェネツィアにも似た街並か、と思いきや意外とそうでもないのは、街そのものが水没しているような感じだから。海に浮かんだ島と陸に水が入り込んでいるのとでは、少し違う。この国だけでなく地域一帯が昔から水に囲まれたところで、水の量の豊富さと比例して、日照時間の長い北緯の上方の太陽の光が美しく見えている。
 それは確かに日の長さや気候からの影響もあるのだろう。そしてそれは僕も感じることができた。しかしホントに感じたいのは湖水地方など、大量の水と戯れる光の美しさのはず。それは都会の街の中では味わえない、自然が繰り出すハーモニー。それを目指してこの街をあとにした。


2008年6月22日 (日)

nO! - Amsterdam 14

 アムステルダムを去る切符を手に入れ、あともう一息チャレンジ!
 駅をはさんで街と反対側に海が広がっている。そちら側も見てみることにして、勢いで待ち合わせをしている女子に声をかけてみた。カメラを持って近づくと怪訝そうな面持ちで「あっ、こりゃヤバい」と思いつつも、とりあえず口を開いてみた。僕のオランダ語はわからなかったようで、結局断られた。
 この街の自転車の多さには驚かされるが、意外と日本のそれよりも少ないような気がしないでもない。日本の放置自転車もひどかったもんなー。



2008年6月20日 (金)

街並の中に溶け込んで - Amsterdam 13

 通りには戦時中のヒトラーの写真があった。撮影時と同じアングルに位置しているパネルは、背景を見ればここにヒトラーが来ていた事がわかるようになっていた。アンネがいた時代のこの地を想像していた。その頃もこの太陽の光に照らされていたのか、もしくはもっと美しい光だったのか、希望を見せていたのか?

 オランダに来て必ず食べたいと思っていたものがあった。ニシンの塩漬けのハリングと呼ばれるもの。なかなか見つけられなかったのが、露店でパンに挟まれたものがあった。刻んだタマネギやピクルスが一緒になって、食べているとポロポロ落ちてしまうが、生のニシンとの絶妙な味わいがたまらなかった。これは醤油やレモンをつけて食べたら日本人は最高だろう。スシにしたら完璧かも。

 アムステルダムは思ったよりも大きい都市で、僕の好きな水に囲まれた街であり、しかも雲の少ない晴れ上がった空の下で過ごすことができたのは、光の美しさに存分に触れられた。そんな意味のあるときを感じられたのかもしれない。あとはこの国ならではの自然を訪れる事ができれば、美しさの一端くらいは理解できるのかもしれない。



2008年6月19日 (木)

あわわわわ - Amsterdam 12

 橋を渡った向こう側で犬を連れたおばちゃん同士、世間話をしている。犬に目の行った僕は長話を終わったおばちゃんが近づいてきたところをつかまえた。
 おばちゃんは時間がないからという。「何をあんなにムダ話するヒマがあったのに」などと思いつつ、ちょっとだけだからと、引き止めて話した。そんな手間をかけてしまったが故に、肝心の質問事項がブッ飛んでオロオロしてしまった。
 一応やりとりは成立したものの、おばちゃんはホントに急いでいたようで、すぐにも立ち去りたい雰囲気全開だった。それでも答えてくれたおばちゃんにありがとう。


2008年6月18日 (水)

たまご - Amsterdam 11

 通りと運河の境に柵があるわけでもなく、港のように船を寄せられるようになっているため、船上で生活しているリタイアしたオッサンもいれば、店を営んでいる人もいる。水との共生も極めればここまでくるものである。そんな水上生活者にもカメラを向けようとしたが、挨拶はできたものの船に引きこもられてしまった。
 船と交差した橋の上から彼らの生活を必死になってのぞいてみようとしていた。カルガモの親子が河を横切る。ふと目をそらすとゴミためのようなものが。あまり目の良くない僕もなぜか目を凝らしてみて見ると、不思議な光景がそこには展開されていた。卵を温める親鳥の巣がそこにはあった。



2008年6月17日 (火)

おとなりさん - Amsterdam 10

 お母さんがベンチに座り息子がそのまわりを走り回る。そんな微笑ましい姿を見かけた。ありがちな親子の姿だが、だからこそそれが美しく見える。そんな光景をしばらく眺めていた。そしてお母さんに声をかける。
 せっかくオランダ語で声をかけたというのに英語で返される。これも外人に対してはよくあることだが、お母さんの話していることによく耳を傾けていると、ドイツから来て住んでいるのでオランダ語はわからないという。おおこりゃまた自分と同じような境遇の人だ。そんな話をしていると、後方からお父さんがやってきた。お父さんもきっすいのドイツ人だという。ならばと、ちょっと前に覚えたばかりのドイツ語で話をした。
 おおおー。消化不良だったドイツを、まさかこんなところで解消することになるとは。先にドイツに行って言葉を覚えておいてよかった。これもヨーロッパならではの事だと思うと面白い。


2008年6月16日 (月)

オッサン - Amsterdam 9

 街の清掃員らしきオッサンがいた。イタリアでもよく見かけるような制服を着込んでいる。木の葉っぱ、植物をきれいに管理する職員のリーダーのようだった。
 当然ながら何を言っているのかわからないが、外人が何か話しかけてきて、それに興味を示している。いいチャンスなので逆手に取って話してみた。同僚と笑いながら話してくれる。友好的な雰囲気ながらわかっているようでまったくわからない。でも優しげなオッサンには僕が思い描く若者の男とオッサン像がいつのまにかできあがっていたようだった。


2008年6月15日 (日)

河沿い - Amsterdam 8

 運河にかけられた跳ね橋が街の中にあるという。そこへ向かった。
 水面は地面と共生しているかのように隣り合わせで、手すりがない場所も多々あり、そのおかげで停泊している船にもすぐに乗ることができる。水かさが上がれば水浸しになるだろう。そんなヴェネツィアのようなことが起こっているのだろうか。建物もよく見ていれば歪んでいたりするものもあり、沈下しているようにも見える。そんな地域にも人は住み着いているのだから、生きていくすべは身に付いているはず。そこまでして水の美と横並びでいられる、そんな人々をうらやましくも思う。光の差し込んだ街はシンプルであればシンプルであるだけ、居心地よく感じる。


2008年6月13日 (金)

フラワー・マーケット - Amsterdam 7

 昨晩の帰り道、うっそうとした通りに味のある平屋の倉庫のような建物があって気になっていた。朝になってそこの前を通ると、シャッターが開いていてのぞき込むと何かを作っている人が何人か見えた。そのうちの一人が「入っておいで」といわんばかりのジェスチャーをしていたので入ってみた。中はビリヤード台を作る工場だった。彼らは職人さんのようで、何とも奇遇なめぐりあわせ。交渉してみたが「上にいるボスがそういうのあまり好きな人じゃないからだめだよ」平屋なのに上ってどこだ? と思いつつも普通に作業風景も撮ることなく出てきた。

 オランダと言えばチューリップ。花が咲くいい時期に来たのだから、花盛りのマーケットに足を運ぶことにした。それがまた朝一からわんさかと言うわけではなく、僕が行った頃にようやく店が開き始めた様子。期待していたのとは異なり、商売っ気たっぷりの市だった。やっぱり花は自然の産物だから、街の中心にあるところよりも地方に行ってきれいな空気の中のきれいな花と光と水に囲まれるのが流れなんだろう。そんなことをあたりまえのように認識させられてしまった。



2008年6月12日 (木)

Szmulewicz - Amsterdam 6

 夜も更けて、と言ってもまだまだ明るい夜、あたりを見回しても食べられるのはイタリアン、インドネシアン、アメリカンばかり。土地のまともなものを食べられるところはなく、オープンバーがところどころにたくさんある。ぐるぐる回って見つけたのが、それでもやっぱり飲み屋のようなところ。
 食事も結局はつまみのようなものだったが、やっぱりビールがうまかった。キノコとチーズにハチミツとナッツのかかったものが出てきた。イタリアでも食べたことあるような感じ。なんともいえない食感で満足感は得られないものの食べ尽くした。この国ではあまり食事に期待する必要もなかろう。とはいえ、これでオランダの食事を判断できるものではないし、お店の雰囲気自体は良かった。めぐりあわせなんでしょうね。


 というわけで今回の採点は、30点!

●Osterzwammen met geitenkaas, honing en tijm uit de oven
 (Oystermushrooms with goatcheese, honey and thyme from the oven) - 13.90ユーロ
●"Borrel tapa's" gemarineerde oliven, geroolte amandelen en geconfijte kastanjechampign
 (Spanish Tapa's - marinated olives, smoked almonds and preserved mushrooms) - 4.90ユーロ
●Brand pils 25cl tap - 2.40ユーロ




Szmulewicz
Bakkersstraat 12
1017 CW Amsterdam
020.620.2822

2008年6月11日 (水)

歓楽街 - Amsterdam 5

 イタリアよりも北にある地にもいれば、夜遅くなってもまだまだ明るいのは当然のこと。それも一つ光の美しさに通じるものがあるのだろうか?
 しかし合法化されているとはいえ大麻を販売している「コーヒーショップ」と呼ばれるところにいる人々の柄の悪いこと悪いこと。またそんなところに日本食の店もあるから、よくわからない。
 その先を進むと飾り窓と呼ばれる赤線地区がある。すごいにぎわっていたが、それもほとんど観光客。あるオッサンは「シーユーレーター」と日本人みたいなこと言って何軒もまわって交渉していた。女性の質はピンキリ。しかし不思議な雰囲気に包まれていた。
 美を求めていた街の割に、庶民的? なんだかいろんな人種のバラエティに富んだ考えの街なのか? レズ&ゲイインフォメーションなんてものもあった。人々はオープンの店のテーブルでピールを飲み、街中がオープンなようだが、本当にオープンなのか? 時が経つのも忘れてしまう明るさに、歓楽街は盛り上がりに欠けない。



2008年6月10日 (火)

カタコト - Amsterdam 4

 通りを歩いていると何か聞いたことあるような言葉が、、「ああ、これは」笑っていると「こいつイタリア語わかるんだよ」と数人のイタリア人のグループ。それでさらに僕が笑うと、どうやら彼らは冗談で言ったようで黙り込んでいた。

 街を歩いていてタバッキのような雑貨のような何でも屋みたいなところに入った。タバコやお菓子、土産物などがあり、店内はガラガラ。ガラクタのようなバッヂがあり、物色していると後方から片言の日本語。決してうまくはないが聞いててわかる。振り向くと中東系の店主。トルコ人か?
 日本語を少し知ってて話したいのか、いろいろ語りかけてくる。と同時にいいチャンス。営業中、客が来てるのにも構わず、オランダ語を教えてもらった。彼も外人なだけにちゃんと通じるオランダ語を教えてもらえるかは不安だったが、とりあえず間違っていてもきっかけ作りのためには欠かせない。とにかくこれで目的への第一歩なのだから。


2008年6月 9日 (月)

Anne Frank Huis - Amsterdam 3

 光に導かれるように一目散に行ってたどり着いたのはアンネの家。アンネ・フランクが隠れ家として過ごしていたところだ。僕はこの話は子供の頃に見た映画で知ったわけだが、やはり恐怖感をあおるかのようで死との対峙を常にしている緊迫感が心に痛かった。チャップリンの「独裁者」もそうだが、理不尽な弾圧の中にいながらも、希望を捨てなかった生き方がすごい。
 まさか生きているうちに実際に彼らの過ごした隠れ部屋に行くなんてこと、想像もしなかった。そんなもの残っているだなんてことも考えられなかったから。家の中は異様に涼しくて、時間が遅くても明るい外の景色も見ることのできない暗い部屋。映画でも見たあの世界の本物がここで繰り広げられた。息をひそめて、この国のあの美しい光すら手にすることができない。でもすぐそこにある光を決してあきらめなかった。ここに横たわっているのは命の重さよりも希望を持つ考え方のようだ。


http://www.annefrank.org/


2008年6月 8日 (日)

光の描くコントラスト - Amsterdam 2

 それから芸術とともに、自分の中でのアートへの影響をこの地に見出そうとしていた。絵画の中で浮き彫りにされる影と、自然から生まれる光と水のバランス。そこに魅了される人々。それを語っていたのがドキュメンタリー映画「オランダの光」だった。

 光の美しさを取り上げたものかと思えば、もちろん光だけが美の要因ではなくて、湖 - オランダという国ならではの水の存在が光を際立たせている。そんな不思議な内容で、イタリアのそれとは明らかに異なるという。しかし干拓事業の影響もあり、一昔前のホントに美しかった光はいまは見られないという。

 光といえばヴィットリオ・ストラーロ。光で映画を描く彼の光とは似て非なるものであろう。僕はそう思い、自然が描き出す光の美を実感したかった。光が生み出す美を僕も描きたいと願い、美の要因が一体どんなものかを探り当てようとしていた。



2008年6月 6日 (金)

光の街 - Amsterdam 1

 水に囲まれたこの街にやってきたのにも淡い想いがある。フェルメールを題材にした映画「真珠の耳飾りの少女」を見たことも少なからず影響している。この映画を見たとき、舞台はヴェネツィアだとばかり勘違いしていたが、アムステルダムと知ったとき、ここまで水に囲まれていて海抜のマイナス地域があるだなんてことまで頭になかった。映画自体に引かれることはなかったものの、街の美しさとフェルメールの描く絵の美に惹かれていた。それが僕をこの街に引き寄せた理由だ。

 最初の乗り換えの駅に着くと早速束ねられた花に囲まれた店を見つける。街の中央駅は巨大で大都市の予感さえ漂う。多くの人ゴミの中から抜け出してのぞき込む運河の水には決して美しさは感じられない。とはいうものの、この土地の作りの奇怪さを思うと、それを越えた凄さを感じずにはいられない。
 水に埋もれた街なのに逆にそれを利用したかのように作られた、半地下のある建築物。きっと人々は水と共生して生きていく術に長けているのだろう。

 文明が進化し、一昔前の自然な美しさが残るような街並ではなくなっているだろうが、それでも名残に触れられるようで、それがこの街での楽しみでもある。光の注がれる街並に芸術を模倣しながら歩こう。



2008年6月 5日 (木)

この街にあって特徴的 - Düsseldorf 9

 かなり短い滞在時間の中でいろいろと堪能した。これといって特徴があるわけでもないので、これ以上何かに触れようとも日本人に出会ってしまうくらいなのではないかと、街をあとにする。
 いやいやしかしそれでもまだ足りないのはビールとソーセージ。せめてもう少し口にしたいと移動の車中で昼用に買い込んできた。と、なんとオーバーな駅舎で買ったソーセージ。手のひらサイズのパンに、それをはるかに超える長さのソーセージがドン! たったそれだけでケチャップとマスタードは好みでつける。この辺は南の方の国ばりだった。
 スーパーでビールを手にすると青い瓶。いろんな種類のビールがあって、レモンの混じったビールを買った。よくよく考えてみればコロナビールなんかはレモンの輪切りと飲んだりするわけだが、なんかスカッとする感じでジュースのように飲めた。一緒にコーラとオレンジの混じったジュースも買ってみたが、これも飲めなくはない。
 特別ブチ切れた人がいるわけでもない街を背に、順風満帆に穏やかな中で想いを拾っていくようだった。



2008年6月 4日 (水)

ニーナ - Düsseldorf 8

 残された時間もわずかとなってしまい、それでもまだインタビューをなんとかしたかった。こんなときはどうせなら女の子ちゃんに声をかけたい。なんてしょうもない動機で、街の中で見かけた待ち合わせをしているらしい子に話しかけてみた。まさかとは思ったものの意外と快く受け入れてくれた。
 僕のドイツ語も思ったより通じているようで、もう少しアドリブをきかせていろいろとバリエーションを加えておくべきだったと反省もしながら、これだけスムーズに話せるのならば「もっとインタビューしたい」などと意気込むのであった。


2008年6月 3日 (火)

階段の学生 - Düsseldorf 7

 昨晩歩いていたライン川沿いで、教会の前から川の方向に階段がおりていたのを見てスペイン階段を思い出した。「Come va?」という作品の冒頭、ローマで撮影したアホなイタリア人の若者たちのことが脳裏を横切る。懐かしさとともに感じるのは、はち切れんばかりのエネルギー。自分が存在していることを示そうとばかりに楽しさを前面に押し出してくる、そんなブチ切れた激しさに触れたかったのかもしれない。学生をターゲットにインタビュアーを探していた。
 光が上方に傾いている中、階段のところまで足を伸ばす。期待して向かった先には少ないながらも若者が座っていた。一人が本を片手に三人に向かって話している。青空の下での勉強も清々しいだろう。川に反射する強い光の美しさに目を奪われることなく、テキストに目を向けている彼らに声をかけ、僕が彼らの集中力を奪った。ローマのときの彼らとは異なるなるリズム感ではあるが、落ち着いた雰囲気がこの地を特徴づけているようでもあった。周りの情景に見事にマッチしている彼らに魅了されたようだ。


2008年6月 2日 (月)

その公園にて - Düsseldorf 6

 公園を歩いているといろいろな光景と出会う。親子の散歩や子供の遊具、走り回るリス。そしてどこでもよく見かけるのがたたずむオッサンの影。差し込んだ強い光の脇にいたオッサンに声をかけると、当然ドイツ語でのやりとりが始まる。わかったようなわからないような会話がありながらも、なんとなくお互いわかりあったような感じで話が終わる。


2008年6月 1日 (日)

ラインタワー - Düsseldorf 5

 街の南西、ライン川沿いにラインタワーがあり、そこから公園が広がっている。朝早くに出かけてタワーを訪れると、あまりにも早すぎて開いていなかった。と、横にある公園でたたずんでいる人々にカメラを向けようとすると、バッテリーが底をついていた!! しかも替えのバッテリーを宿に置いてきてしまっていた。地元の人と話すには絶好の環境だというのに、何もできない上に時間をロスってしまうことに腹立たしかった。
 そのおかげなのかなんなのか、市内の最新式(?)トラムに乗ることができた。ミラノのトラムに乗りなれていると、新しくなくても最先端マシンのように思える。なんたって車内アナウンスがあるから。しかも本数が多い。
 そんな何やかんやがありながらも行き先を別の公園に変えて先を急いだ。やはりどこから切り取っても緑が多く、特徴が感じられない。とはいえそんな落ち着いた雰囲気に流されそうになる。いやいや、それよりも人探し。格好の素材を探して回った。



« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »