イタリアンスマイルズ

  •  こちらのブログはイタリア在住の映像作家池田剛の撮影する映像とエッセイを掲載しているものです。製作中の映画「GLI ARTIGIANI」の映像を始め、イタリア各地の心温まる映像ビデオポッドキャスティングという形でお届けしています。

    メール希望の方はこちらまで

    about.me

フォト

イケピー作品掲載

  • クレモナのお店のショーウィンドウを撮影
  • 石井高さんのポートレート撮影

他のアカウント

カテゴリー

ブログパーツ

  • ikepをフォローしましょう
無料ブログはココログ

« エンドロール - Istanbul 3.3.4 | トップページ | Cremonese - Cremona 8 »

2007年4月 9日 (月)

やると見るとじゃ大違い - Verona 4

 昔の人は当たり前のことを当たり前のようにウマく言うものだ。と、当たり前のことを当然のように感心したのが今回のヴェローナ。いつものように中心街を素通りしてマリアーノのいる工房へ。
 マリアーノは相変わらず淡々と仕事をこなしている。僕はあくまで撮影している人間なので、実際にその技を手にしてみることは自分から進んでやることはないが、マリアーノに勧められたので椅子の修復の糸縫いをやらせてもらった。
 単純なようにスイスイとこなしているのを見ていると「簡単なんだ」と思いがちなのが、実際に手にしてみると格闘しまくりなのだ。以前カットモデルで美容師のタマゴによく髪を切ってもらっていた時期があるが、プロに髪を切られるときと比べると、切られる側の感覚も確実に違うのがわかる。何の違いかと言えば、それは「自信があるか否か
 どんなに慣れないとしてもハッタリという名の自信を持ってそういう素振りでやればウマくできる。なんてことはなかった。やはり職人の技は職人技。かなわないものはかなわない。素晴らしいものは素晴らしい。
 マリアーノ、アンタはスゴい。

« エンドロール - Istanbul 3.3.4 | トップページ | Cremonese - Cremona 8 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« エンドロール - Istanbul 3.3.4 | トップページ | Cremonese - Cremona 8 »