イタリアンスマイルズ

  •  こちらのブログはイタリア在住の映像作家池田剛の撮影する映像とエッセイを掲載しているものです。製作中の映画「GLI ARTIGIANI」の映像を始め、イタリア各地の心温まる映像ビデオポッドキャスティングという形でお届けしています。

    メール希望の方はこちらまで

    about.me

フォト

イケピー作品掲載

  • クレモナのお店のショーウィンドウを撮影
  • 石井高さんのポートレート撮影

他のアカウント

カテゴリー

ブログパーツ

  • ikepをフォローしましょう
無料ブログはココログ

« スタミナ肉 - Zagreb 2 | トップページ | KATARINA - Zagreb 4 »

2006年6月 3日 (土)

素通りしていく風景 - Zagreb 3

 カテドラルを始めとした街の見所がいくつか表示されている、駅でもらった見づらい地図を確認する。いくつかのポイントを絞り、道を戻って街の中心に向かう。この街はトラムがたくさん走っている。ミラノのように3種類だけではなく何種類もあり、車両も一つ一つ分かれている。変わっていて面白かった。
 土曜日だけに中心を外れると閑散としている。これでは人と出会うのは困難である。逆に言えばこういった中で出会える人こそ面白いはず。それはここで生活している人であり、この土地を知る人からの声が聞けるからだ。最近の僕は素材欲しさのためだけにヤミクモに人に声をかけることをしていない。
 とにかく僕は目的のモニュメントへ向かう。通りには日本のスズキ、三菱など車の企業の名前入りの店があり、サッカーのイラストも出ていた。ワールドカップで当たる両国。一体どういう想いでいるのだろうか? 目的地へと着くと人気はなく、ローラースケートで遊んでいる二人だけ。グルリと回ったところで何が変わるわけでもなく、中にすら入れない。八方ふさがりの様相を呈してきた。一体この街には何があるんだろうか? 下調べの甘さが露呈しつつある。
 仕方なくもう一度中心に戻り、そこからまた別のポイントまで向かう。人ゴミの中、目立って見えるのは特徴ある白と赤のクロアチアのフラッグ。ファッションにも似たデザインがはびこっているのはセンスの良さなのか? 人々の独立の象徴なのか? そこに誇りがあるのだろうか? 己の自由を守るための顕示物なのだろうか?
 塔のような高い建物があるはずの場所へと歩みを進める。すると違う建物が目に入ってきた。これは博物館か何かだろう。どこか写真で見た覚えがあった。僕が見ていた地図には記載されていなかった。何と商業色の強い地図なんだろうか? 記載されていた塔は塔ではなく、ただの近代的なビルだったようである。この辺は都心の大通りという感じで、人と出会うポイントではなかった。雲行きも怪しく小粒の雨が舞い降りてくる中、街の中心の公園方面へと向かった。



« スタミナ肉 - Zagreb 2 | トップページ | KATARINA - Zagreb 4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スタミナ肉 - Zagreb 2 | トップページ | KATARINA - Zagreb 4 »