イタリアンスマイルズ

  •  こちらのブログはイタリア在住の映像作家池田剛の撮影する映像とエッセイを掲載しているものです。製作中の映画「GLI ARTIGIANI」の映像を始め、イタリア各地の心温まる映像ビデオポッドキャスティングという形でお届けしています。

    メール希望の方はこちらまで

    about.me

フォト

イケピー作品掲載

  • クレモナのお店のショーウィンドウを撮影
  • 石井高さんのポートレート撮影

他のアカウント

カテゴリー

ブログパーツ

  • ikepをフォローしましょう
無料ブログはココログ

« マルコ・ブラブーラ - Ravenna 3 | トップページ | ココ・モザイコ - Ravenna 5 »

2006年3月11日 (土)

トニーノ・グエッラ - Ravenna 4

 マルコの奥さんに招かれマルコが来るのをソッジョルノと呼ばれる居間で待っていると、彼の作品の出ている本を見せてくれた。その中にはトニーノ・グエッラという人の本もあった。その人はフェリーニとも仕事した事のある脚本家だというが、それだけしか言われなかったので僕が映画関係の人間だから見せてくれたのかぐらいにしか認識していなかった。意味もわからずにとりあえずマルコが来るまで本に目を通していた。
 マルコと会ってから主に自作についていろいろと説明をしてもらっていると、その中でもやはりトニーノ・グエッラの名前が出てきた。「一体なんなんだ?」と思っていると、マルコとトニーノは一緒にコラボレーションをすることがあるらしい。あー納得。ラベンナのモザイク職人さんは映画と携わる事はよくある事なのでしょうか? 紹介された別の職人さんも映画に関わったことがあると聞いていた。フェリーニと仕事といってもたまたまスタッフとして関わったんだろうとしか思っていなかった。
 これは家に帰ってきてから調べてわかった事だが,トニーノ・グエッラはとんでもないやつだった。イタリアで映画を撮っていても業界人の事など知らない僕なので致し方ないだろう。彼は「フェリーニのアマルコルド(1974)」をはじめ、ジュゼッペ・トルナトーレの「みんな元気(1990)」も書いている。オスカーは3度ノミネート、カンヌでは脚本賞を受賞。うわっ、なんじゃこりゃ? 世界は小さい。僕が彼と仕事するかと言えばありえないけれども,こんな事ってあるのか? 何とも恐るべし出会い。


« マルコ・ブラブーラ - Ravenna 3 | トップページ | ココ・モザイコ - Ravenna 5 »

コメント

はじめまして。
エミリア・ロマーニャに住んでいるakiと申します。
私もトニーノ・グウェラについてイタリアに来る前は知りませんでしたが、住むようになってからすごい人だと知りました。
電化店のunieuroのCMで叫んでいる人を覚えていませんか?彼がこのトニーノです。

また私の芸術家の友人は彼と知り合いなので、彼からの手紙、作品など見せてもらったことがあります。芸術家とは、展示会などでよく顔を合わせているようですよ。

ではまた遊びに来ます!

 akiさん、はじめまして。コメントありがとうございます。彼の何がすごいのかは会って話してみないとわからないかもしれませんが,経歴だけを見たらすごいですよね。そんな人とコラボレーションをしている人を自分は取り上げようとしていたのにビックリ。それはなくともマルコさんはなんだかすごい人だというのは聞いていました。
 日本にいてもそうですけど,出会いなんてどこでどうなるかわからないもんですね。かと言って僕がトニーノさんと共作するわけでもないですけど・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マルコ・ブラブーラ - Ravenna 3 | トップページ | ココ・モザイコ - Ravenna 5 »