イタリアンスマイルズ

  •  こちらのブログはイタリア在住の映像作家池田剛の撮影する映像とエッセイを掲載しているものです。製作中の映画「GLI ARTIGIANI」の映像を始め、イタリア各地の心温まる映像ビデオポッドキャスティングという形でお届けしています。

    メール希望の方はこちらまで

    about.me

フォト

イケピー作品掲載

  • クレモナのお店のショーウィンドウを撮影
  • 石井高さんのポートレート撮影

他のアカウント

カテゴリー

ブログパーツ

  • ikepをフォローしましょう
無料ブログはココログ

« ライフ・イズ・ベリィ・ハッピィ | トップページ | 温かい感覚の構築 - Bergamo 2 »

2006年2月15日 (水)

高貴な街 - Bergamo 1

 しばらくぶりにミラノから30分くらいの街ベルガモに来た。ベルガモには「チッタアルタ (丘の上の街)」と呼ばれる街の中心より高い位置にある城壁の街がある。いってみればドラゴンクエストのような感じか? ケーブルカーで街の上方へ向かう。ここは小さいながらも独特の雰囲気を醸し出していて、静かな中に息づく人々のリズムが美しく感じられる。シエナやヴォルテッラのように坂とレンガが特徴的だ。
 日本に比べればミラノなんて田舎町に思えるが、ミラノの喧噪を考えるとこのチッタアルタは芸術を生み出しやすそうな空間で心癒される。そんな気にさせられる。
 クレモナのリュータイオの話を聞くとよく思わされる。クレモナには弦楽器製作の情報はあふれんばかりにあるけれども、それ以外、必要以上の情報はあまりない。不要な情報がない分、自分のことにひたすら集中できる環境。自分自身と相対していられるということは、自分を追求できるということ。情報は人を混乱させ、ときには本意ではない方向へと追いやる。
 イタリアにいて、ここベルガモのような僕にとって高貴さを感じることのできる場所が多いのは、人々の感じているものが日本とは異なるからであろう。情報ではなく体当たりで人と人とが交差しぶつかりあう。それこそがお互いが理解しあえる要因。人間の原風景とでもいうべき姿のような気がする。いい意味でも悪い意味でもこの国の人たちは関わりあおうとする。



« ライフ・イズ・ベリィ・ハッピィ | トップページ | 温かい感覚の構築 - Bergamo 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ライフ・イズ・ベリィ・ハッピィ | トップページ | 温かい感覚の構築 - Bergamo 2 »